« 『幻惑の死と使途』 森博嗣 | トップページ | 『夏のレプリカ』 森博嗣 »

2006/08/07

『DEATH NOTE‐ANOTHER NOTE』 西尾維新

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 Book DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件

著者:西尾 維新,大場 つぐみ,小畑 健
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

世紀の名探偵・Lがキラと出逢うまでに手掛けた「ロサンゼルスBB連続殺人事件」

Lが解決した3500の難事件の中でも、この事件は3指に入る貴重な事件だった。

そして、『DEATH NOTE』に欠かせないあの女性捜査官も登場!

の真っ最中なのに…。

日帰り旅行に出発した私ですが、合議制のもと急遽一泊旅行に変更になりまして、夜のホテルのお供に…と旅先でチョイスしたのが、この『DEATH NOTE‐ANOTHER NOTE ロサンゼルスBB連続殺人事件‐』なのでございます。伊坂幸太郎氏の『重力ピエロ』文庫版の購入を考えていたのですが、残り2冊しかなかった『BB事件』を目の前で男性が1冊購入して行ったのを見て、「残り1冊を私が買わずに誰が買う!」とSOLD OUTにしてやったわけです。

さて、『DEATH NOTE』本編と私の“お付き合い進展度”ですが、Lがキラに殺害される直前までコミックスを購入していたという、なんとも中途半端なお付き合いなのです。例えて云うなら…友達以上恋人未満デートは3回まで…みたいな?Lとキラの駆け引きの具合がなんともじれったくって、今なら高価買取!に思わず負けてしまったわけです。例えて云うなら…高学歴のお医者様とお見合いが決定!…みたいな?

でも、今回のノベライズはLがキラと出逢う前に手掛けた事件が題材でしたので、NOTEも死神も登場しません。ただ、『DEATH NOTE』の世界観はそのままに。Lの存在がそもそも世界にとって規格外なのですが、規格外の世界には規格外の存在がよく似合う。そこに、規格外の奇才・西尾維新とくれば、もう怖い物無しではありませんか?

というわけで、肝心の内容でございますが、あれ?規格内?

おもしろいです。確かにおもしろいです。でも、西尾維新色が薄い!原作の存在が大きすぎて(人気が有りすぎて)西尾維新特有の遊びが少ない。もっともっとトリッキーでファンキーな西尾維新ワールドを望んでおったものですから。

本格ミステリとして眺めたとしても、ちょっと物足りない。サクサクサクサクとストーリーが予定調和に進んでしまうので、推理する時間も必要も無い。トリックもミステリ作品としてはよく見られるもので、なんとなくピンときてしまいます。だって、他に考えようがないもの。それがまた残念で。

でも、おもしろいんですよ。既存作品のノベライズの中では、きっとずば抜けておもしろい。他者が創造した既存の世界をここまで活かして、新しい世界を構築するなんて、きっと並の作家ではできないと思います。読む価値は充分にあると思います。1000円以上の本はどうしても高いと思ってしまう私ですが、買って損したとはまったく思いませんでしたよ。

同時発売の『×××HOLIC』のノベライズはどうなのでしょうか?『HOLIC』は『ツバサ』で得られる知識しか持ち合わせていないのですが…(しかも『ツバサ』も途中で売っちゃった☆)また今回のように“旅のお供に1冊”という機会があれば、そのときは『HOLIC』の方を購入したいと思います。

|

« 『幻惑の死と使途』 森博嗣 | トップページ | 『夏のレプリカ』 森博嗣 »

コメント

確かに損したとはまったく思いませんでしたが、やっぱりどこか物足りないですよね。もう少し言葉遊びがあっても良かったのに。微妙にジョークもスベり気味だった気がする。ちなみに私はデスノ本編は後半からしか読んでないので、同じく中途半端なお付き合いなのです。もしもメロやニアを知らなかったらちょっと残念かもしれないですねー。

投稿: ソラチ | 2006/08/07 23:04

☆ソラチさん☆
このノベライズに触発されて、まったく観る予定の無かった映画デスノを観に行ってしまいました(いっしょに我らがトムの『M・I・3』も観てきました♪)コミックではLと美空ナオミがいっしょに仕事をしたことあるという表現にはなっていなかったと思うのですが(かなりうろ覚え)映画ではしっかりコンタクトをとっていました。その仕事ってのは、この事件なのよ!と真っ暗闇の中、にやりとしていた危ない女。
第二弾、第三弾と発売になったら素敵ですね☆

投稿: まじょ。@管理人 | 2006/08/11 23:55

こんばんわ&TBさせてもらいました。
面白かったですよね!本文でも書かれている通り、物理トリックなんてどうでもいいんです!「DEATH NOTE」ファンとしては、十分遊びの効いた面白い話でした!騙されましたし!・・・余談ですが、個人的に『Page.2竜崎』の挿絵を観て、ちょっとした笑いがこぼれてしまいました!・・・ちなみに、西尾維新さんのファンでない私としてはちょうど良かったです

投稿: KORO | 2006/08/25 23:54

☆KOROさん☆
コメント&TBありがとうございます!
ご指摘いただいた『Pege.2 竜崎』の挿絵をさっそく見てみました…こんなところにも竜崎が(笑)あの手がポイントですね!
西尾氏ファンでない、純粋なデスノファンの方にもこの作品が受け入れられているのが、とても嬉しいです。ぜひ第二弾、第三弾と続けて欲しい!今度はライトの登場に期待します☆

投稿: まじょ。@管理人 | 2006/08/26 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/2971920

この記事へのトラックバック一覧です: 『DEATH NOTE‐ANOTHER NOTE』 西尾維新:

» DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件/西尾維新 [ながし読み日誌]
DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 西尾 維新, 大場 つぐみ, 小畑 健 デスノ!! 西尾維新によるノベライズです。 所要時間2時間というところでしょうか。 想像以上にしっかりミステリでした。 ガチンコミステリ一本勝負!って感じ。 そういえば原作のデスノは当然ミステリだった。 舞台はキラ事件前のLA。 ストーリー・テイラーにメロ。 LAで起きた連続殺人事件、都会でならば遺憾ながら珍しくもない殺人事件にLが乗り出す。Lに手足として指... [続きを読む]

受信: 2006/08/07 22:59

» 「DeathnoteanothernoteロサンゼルスBB連続殺人事件」西尾維新 [読書とジャンプ]
「Deathnote(デスノート)」のノベライズ。リアリティのない、妙に悟ったような連中ばかり出てくるという西尾維新のイメージが覆されたかもしれない。饒舌な文体、偏執的なまでのリフレインが鳴りを潜めているせいなのか?「キラなんてどうでもいい。僕にとって重要なの...... [続きを読む]

受信: 2006/08/21 23:28

» DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 著者:西尾 維新 [読むなび!(裏)]
≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:95点 採点内訳へ ≪梗概≫ <漫画、映画、そして小説へ。衝撃は増幅する。> 2002年7月から8月にかけて起きた「ロサンゼルスBB連続殺人事件」。FBIも動かなかったこの事件に、Lはどう... [続きを読む]

受信: 2006/08/25 23:51

» 犯人を先に明かすってのは古畑人三郎パターンってことかな?実際にはちょい違うけど。 [Le mouvement premier]
とりあえずやっと小説のデスノート、最後まで読み終えました。時間はかかりましたが、 [続きを読む]

受信: 2006/09/04 19:10

» DEATH NOTE アナザーノートロサンゼルスBB連続殺人事件 西尾維新 [粋な提案]
DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 原作は大場つぐみ・小畑建。装丁・本文デザインは斉藤昭+山口美幸(Veia)。イラストレーションは小畑建。 2002年アメリカ・ロサンゼルス。停職中のFBI捜査官、南... [続きを読む]

受信: 2007/01/27 12:29

« 『幻惑の死と使途』 森博嗣 | トップページ | 『夏のレプリカ』 森博嗣 »