« 15時間ぶっつづけ | トップページ | 『川に死体のある風景』 »

2006/07/16

『真っ暗な夜明け』 氷川透

かつてのバンド仲間との久々の再会、そして殺人。

推理小説家志望の氷川透は名探偵としての素質を開花させることとなるのか?

第15回メフィスト賞受賞作。

氷川透氏のデビュー作にして、否文庫化の絶版です。

どうしてこんなにおもしろいのに?

たまに「くどくどと、とにかくうざったらしい文章が気に入らない」というレビューを見かけますが、私は氷川透のわかりにくい冗談が結構好きです。如何せん、下ネタ多し?

氷川透氏の作品はすべて読んでおりますが、この『真っ暗な夜明け』と『最後から二番目の真実』が好きですね。初期作品はこれでもか!これでもか!という程、ロジック尽くし。氷川透氏(作者)自身が登場人物の氷川透に云わせた言葉(嗚呼、判り辛い!敬称の氏が付いている方が作者としての氷川透です)を引用すれば、「でもぼくは、あらゆる可能性を――完全にありえない可能性を除くすべての可能性を、パラノイアックに追求するから。しまいには、それが自己目的化してしまうこともなきにしもあらずだけど――」この台詞にすべてが凝縮されているといっても過言じゃない。

この台詞を文字通り受け取っても良し、婉曲させて「もう、どうしてこうくどくどくどくど!もっと簡潔に云えんのかい!」と憤っても良し。その憤りこそ、ロジックの本質。「こうでしょ?こうでしょ?ここはこうでしょ?じゃあ、こうするしかないね。んじゃ、君が犯人♪」のように、2時間ドラマのラストで断崖絶壁に犯人を追い詰めるように、逃げ道を塞いでゆくことこそロジックの本質。基本的に嫌みったらしい名探偵に似合います。

ここからネタバレします。ミステリでネタバレ書くの久しぶりだわ!

この『真っ暗な夜明け』では凶器として使われたブロンズ像の台座が、いつ犯人の手に渡ったか?を看破すれば、自然と犯人がわかるように描かれております。

ただ、氷川透が云ったように、あの日ふたつの殺意が同時に存在していた偶然については、素直に納得できないのだけれど。これが“どんなに有り得なさそうな結末でも、他のすべての可能性を削除したあとに残ったものは真実”ってやつですか?偶然がミステリに介入してくると、どうしても嫌悪的な反応が出てしまいますの。

でも、この『真っ暗な夜明け』がロジックを駆使した名作であるとの結論は変わりません。5月に発売予定だった氷川氏の新作は一体いつに延期になったのやら。頼みます、氷川氏!

|

« 15時間ぶっつづけ | トップページ | 『川に死体のある風景』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/2679730

この記事へのトラックバック一覧です: 『真っ暗な夜明け』 氷川透:

« 15時間ぶっつづけ | トップページ | 『川に死体のある風景』 »