« 読書もしないで貴方はなにをしているの? | トップページ | 第135回直木賞決定 »

2006/07/12

『死んでも治らない』 若竹七海

死んでも治らない―大道寺圭の事件簿 Book 死んでも治らない―大道寺圭の事件簿

著者:若竹 七海
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

元・警察官が現役時代に出逢った“まぬけな犯罪者”について著した「死んでも治らない」の所為で、次々とトラブルに巻き込まれてゆく。

大道寺圭の事件簿、ここに登場。

読書リハビリ中のまじょ。です。リハビリといえば、軽めのものから…というわけで、短編かつ風刺の効いた若竹七海氏の『死んでも治らない』をチョイス致しました。

やっぱり読書は良いねぇ。

女性の本格ミステリ作家は?と聞かれて、私が真っ先に思い浮かべるのが若竹七海氏。篠田真由美氏(桜井京介の新刊、予約しました!)あたりも本格ミステリ作家に分類されるのかもしれませんが、フェアプレイの精神でミステリを楽しませてくれる若竹氏に軍配が上がりますね。桜井京介シリーズで気になるのは、ミステリの謎解きよりも蒼と翳の関係だったりしますし…(←出たよ。また腐女子発言が)

この『死んでも治らない』は元・警察官である大道寺圭が脱警して、アマチュアミステリ作家(ノンフィクション作家やもしれん)となり、念願の処女作を出版したことで“まぬけな犯罪者”から恨まれて、トラブルに巻き込まれてゆくというオムニバス・ミステリです。5つの短編と、挿入される「大道寺圭最後の事件」の全6話形式となっており、最後の事件とその他の短編がうまい具合にリンクしているという、若竹氏の技巧に溢れた一作。

「事実は小説より奇なり」の言葉ではありませんが、世の中には「なんじゃそりゃ?」というまぬけな犯罪が溢れ還っているのでしょうね。犯罪を犯し、パニックに陥った人間がどんな素敵な行動をとるのか…非常に興味があります。現場を見ただけで「貴方、犯人でしょ?」と笑っちゃうことって、絶対あるはず。まぁ、実際には事件が起こったと同時に犯人も判る(判っている)ケースがほとんどだという話ですが。

ミステリ好きさんの多くは、一度は探偵とか警察官になろう(なりたい)と思ったことがあると想像します。私も実際ありますし。中学生のときになりたかった職業は警察官です。そのころはペーパーの試験を受験しなくてはならないだなんて、よく知らなかったものですから(笑)大学4年のときに、警察を記念受験したことが懐かしい思い出です。白い紙に木の絵を好きな様に描けと言われたような気がする…企業の就職試験だったかしら?とにかく、今の会社に私が入社できたのは、ペーパー試験が無く面接だけだったからだと断言できますね。大学受験のためにセンターを受けたのが、私が真剣に勉強に取り組んだ最後だったかもしれない。

嗚呼、全く『死んでも治らない』のレビューしてないですね。まぁ、リハビリなので。でも、充分にリハビリとしての効力を発揮してくれました。また、どんどん読書して行くぞ!

|

« 読書もしないで貴方はなにをしているの? | トップページ | 第135回直木賞決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/2627221

この記事へのトラックバック一覧です: 『死んでも治らない』 若竹七海:

« 読書もしないで貴方はなにをしているの? | トップページ | 第135回直木賞決定 »