« 『あなたが名探偵』 | トップページ | 『火事と密室と、雨男のものがたり』 浦賀和宏 »

2006/07/22

『松浦純菜の静かな世界』 浦賀和宏

松浦純菜の静かな世界 Book 松浦純菜の静かな世界

著者:浦賀 和宏
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

暴漢に襲われ療養生活を送っていた松浦純菜。

拳銃で撃たれながらも奇跡的に無傷だった八木剛士。

二人が出逢い、そして事件は終結する。

ブロ愚開始から約半年、未だ浦賀和宏氏のカテゴリが出来ていなかったとは…。うっかりしておりました、浦賀氏。浦賀和宏氏は云わずと知れたメフィスト賞出身でございます。メフィスト賞出身の作家さんは私のスタンダードになる確率がかなり高いのですが、浦賀氏もそのおひとり。

『時の鳥籠』を読んだときの衝撃ったらなかったですね。

『時の鳥籠』っていうところがミソです。最初に『記憶の果て』を読んだときは専門的解説が多くって疲れる作品だな…という感想が第一だったのですが、『時の鳥籠』で『記憶の果て』の?な部分が解決してからは「すんげぇ」の一言です。もし未読の方がいらっしゃいましたら、是非ご賞味ください。オススメです。その後も安藤直樹シリーズではとにかく度胆を抜かれ続け、『透明人間』でついにやっちゃったよ!と云う感じ。

浦賀氏の作品で個人的にNO.1だと思うのは『彼女は存在しない』なのですが、浦賀氏の作品は基本的にハズレがなくて(『地球平面委員会』なんて作品もあったけど…)安心して読めます。ただし、最後まで読めばの話です。序盤から中盤にかけて、浦賀氏の作品はいつも読むのが辛くなる。ラストまで読めば、いつもそこに衝撃が待ち受けているのですが、そこまでモチベーションを保ち続けるのが辛い。この度の『松浦純菜の静かな世界』も同様でございました。

時系列が意図的に入れ替えられていて、話が前後する。本当に関係あるのか?と思わせる伏線の挿入。登場人物の突然すぎる登場。『透明人間』を読んでから2年以上の月日が経過しているので、久しぶりの浦賀節についてゆけなくなる場面が多々ありました。もっと文章力があったと思っていたのですが…。

でも、最後まで読めば浦賀作品らしい衝撃のラストが待ち構えていて、これぞ浦賀氏!という感じ。ミステリとしての伏線も充分に回収かつ活かされていて、このシリーズ良いかもしれない。いや、安藤直樹には負けるけれども…。

やっぱり良いな、浦賀氏。この調子で次回は『火事と密室と、雨男のものがたり』を読むことに致します。

|

« 『あなたが名探偵』 | トップページ | 『火事と密室と、雨男のものがたり』 浦賀和宏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/2762633

この記事へのトラックバック一覧です: 『松浦純菜の静かな世界』 浦賀和宏:

« 『あなたが名探偵』 | トップページ | 『火事と密室と、雨男のものがたり』 浦賀和宏 »