« 『松浦純菜の静かな世界』 浦賀和宏 | トップページ | 『蹴りたい背中』 綿矢りさ »

2006/07/23

『火事と密室と、雨男のものがたり』 浦賀和宏

火事と密室と、雨男のものがたり Book 火事と密室と、雨男のものがたり

著者:浦賀 和宏
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

拳銃で撃たれても死なない男・八木剛士の周囲で、再び巻き起こる女子高生の死と放火事件。

松浦純菜とともに、再び八木は事件解決に赴く。

『松浦純菜の静かな世界』に続く、シリーズ2作目。前作に比べるとミステリとしても、いじめ青春小説としても微妙。

半分くらい読み進めるまで「タイトルに密室って書いてあるけど、そんなもの登場しないじゃん!」と思っていたのですが、女子高生の死がそれに相当するのですね。女子高生の死なんて、ほとんど忘却の彼方でしたよ。このシリーズは忘れていた伏線や事件が、ぽっこりと浮かび上がってきて、「おぉ、そうだったね」と思わせてくれるのが特徴。だからって、上記の私の症状は酷すぎるわね…。

ここからは作品のネタに触れます。いや、タイトルからしてネタバレなんですが。

そもそも、本作に登場する“雨男”くんですが、外出するたびに雨が降ってしまう力なんて存在したら、世界揺るがしますよね。NA○Aかどっかに、ソッコーで連れてゆかれます。砂漠に雪を降らせることも可能かもしれない(by伊坂幸太郎『砂漠』)でも、普通のミステリだと思って読んでる作品に、突然ファンタジーが混入してきては、読者が戸惑ってしまいます。

ミステリは現実世界のルールに則って描かれていないと。しかも、今回“雨男”の存在が密室トリックに絡んできているではないですか。そんな脆弱なトリック、私は見たくなくてよ!未知なる生物や、解明されていない毒物はミステリに登場させてはならんよ、うんうん。

八木メェメェの復讐とか、パンツ欲しい八木とか、ついつい笑っちゃうポイントは浦賀氏らしいですよね。浦賀氏といえば、『浦賀和宏殺人事件』に代表されるバイオレンス・エロでございますから。

先月発売された『上手なミステリの書き方教えます』もこの松浦純菜シリーズのようですが、どうやら問題作であるようですね。どんな風に問題作なのか、非常に興味がございます。憤り系かしら?呆然系かしら?楽しみですわ。

|

« 『松浦純菜の静かな世界』 浦賀和宏 | トップページ | 『蹴りたい背中』 綿矢りさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/2772007

この記事へのトラックバック一覧です: 『火事と密室と、雨男のものがたり』 浦賀和宏:

« 『松浦純菜の静かな世界』 浦賀和宏 | トップページ | 『蹴りたい背中』 綿矢りさ »