« 『稀覯人の不思議』 二階堂黎人 | トップページ | ついに… »

2006/06/10

『同級生』 東野圭吾

同級生 Book 同級生

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

俺の子を身籠ったまま死んでいった彼女。

俺の出来ることは彼女の死を心から悲しんでいるふりをすることだけ。

そして、俺のとった軽率な行動が次の事件を生む。

東野圭吾氏の学園ものといえば、江戸川乱歩賞を受賞した『放課後』ですが、『放課後』よりはこちらの『同級生』の方が私好み。

東野圭吾氏のデビュー頃の作品を読んでいていつも感じるのは「丁寧に描かれているなぁ」ということ。動機とかトリックとか心の描写まで、ものすごく丁寧な仕事してますよね。現在の東野氏の作品は匠の技と云いますか、グレーはあくまでもグレーの色彩として残すように描かれていますが、この頃は白か黒かはっきりせい!という感じ。どちらの作風も好きなのですけれど。なんてったって、東野ブランド。

『同級生』で描かれているトリックも非常に丁寧に伏線が張られているので、判り易いものとなっております。ちょっと物足りないけれど、探偵の登場しない学園ものならばアリです。

それよりも『同級生』を紹介する上で特筆するべき点は、登場人物の心の動きでしょうか。なぜその事件は起こってしまったのか?その裏に潜んでいる心の葛藤とはどんなものだったのか。単一ではない心の動きが、滑稽には感じられない程度にうまく描写されています。

ミステリミステリした作品は苦手だけど、ちょっと読んでみたい気分なのという方は是非『同級生』を手にとってみてください。

|

« 『稀覯人の不思議』 二階堂黎人 | トップページ | ついに… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/2161639

この記事へのトラックバック一覧です: 『同級生』 東野圭吾:

» 同級生 [乱読日記]
東野 圭吾 同級生 [要旨] 同級生の宮前由希子が車に撥ねられて死んだ。彼女は俺の子を身篭っていた。たった1度の関係。俺は本気ではなかった。だが由希子はそう信じたまま死んだ。俺は皆の前で告白した―。二人は愛しあっていた、と。やがて俺は衝撃の事実を... [続きを読む]

受信: 2006/09/11 23:44

» 東野圭吾『同級生』 [itchy1976の日記]
同級生講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『同級生』を紹介します。宮前由希子が交通事故で亡くなった。それを探る主人公の西原荘一は、この交通事故に何か裏が隠されているのではないかと思い、それを調査する。 この主人公である西原荘一の周りにおきる謎というか疑問を解いていく。交通事故やそれから派生する謎を知っていく時に、物語がだんだん完結していく。キーマンは、水村緋絽子なんだろうか。まあ、ある意味ラブストーリーという言い方もできるかもしれない。序章の妹の春美のことも絡んできて、それは重々しい... [続きを読む]

受信: 2010/07/15 19:29

« 『稀覯人の不思議』 二階堂黎人 | トップページ | ついに… »