« 『依頼人は死んだ』 若竹七海 | トップページ | 『稀覯人の不思議』 二階堂黎人 »

2006/06/09

『壷中の天国』 倉知淳

壷中の天国 Book 壷中の天国

著者:倉知 淳
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

長閑な地方都市で突如として起こった連続殺人事件。

殺人現場に残された謎の怪文書の意味するところは?

そして、被害者たちを結ぶミッシング・リンクとは?

この『壷中の天国』のミステリでは無い部分を省くと、おそらく5分の1くらいになるのではないでしょうか?それほどミステリとしての要素が薄いです。

残りの5分の4については

電波とオタクとゴシップで埋め尽くされております。

文章は倉知氏らしく読み易いのだけれど、それに騙され続けるにも限度がございます…。「すべて伏線で、ラストにはビシッ!と回収してくれるに違いないわ!!」と期待と欠伸を噛み締めながら読んだのですが、あくまでも電波とオタクとゴシップでしかありませんでした…。残念。

登場人物は皆さん、魅力的なのですがね。ただ、ゴシップの対象として魅力的なだけであって、推理小説の登場人物としてはちょっと…。だって、ミステリの部分なんて5分の1なんだもの。探偵役(?)の推理も「で?」ってなもんで、絶対真面目に調査している警察が1ヵ月近くもかかって犯人を検挙できないはずがない。警察の動向がさっぱりと描かれておりませんのでわかりませんが、きっと集団昼寝を繰り返していたに違いない。

あと、ミッシング・リンクもちょっとね。電波を受信する異常者の心中は私には理解できませんでした…。というか、あれが殺害の理由なら、もっともっと死体が増えているはずだもの。いまや、あんなもの世の中のどこにでも溢れ還っておりますよ。

というわけで、倉知氏の作品の中で一番合わない作品でございました。残念。

|

« 『依頼人は死んだ』 若竹七海 | トップページ | 『稀覯人の不思議』 二階堂黎人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/2146117

この記事へのトラックバック一覧です: 『壷中の天国』 倉知淳:

« 『依頼人は死んだ』 若竹七海 | トップページ | 『稀覯人の不思議』 二階堂黎人 »