« 『サイコロジカル』 西尾維新 | トップページ | 『壷中の天国』 倉知淳 »

2006/06/07

『依頼人は死んだ』 若竹七海

依頼人は死んだ Book 依頼人は死んだ

著者:若竹 七海
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

女には向かない職業を聞かれて貴方は何と答えますか?

女探偵・葉村晶のもとに寄せられるいくつもの事件。

その真相はいつも少し切なく、そして…こわい。

女探偵ものって本当に少ないですよね。桐野夏生氏の村野ミロが筆頭でしょうか?あとは…ちょっと思い浮かばないな。単品なら見かけることもあるけれど、シリーズものとなると一割にも満たないのではないでしょうか。これだけ推理小説が溢れているというのに。あっ、森博嗣氏のVシリーズは女性が名探偵役ですね。

さて、この『依頼人は死んだ』は若竹七海氏の創造した葉村晶が女探偵として登場します。女としての特性はほぼ皆無ですので、『女には向かない職業』に御執心の方もご安心ください。

8つの短編が納められている本作でありますが、怪傑スバットな結末が用意されているわけではありません。くどくど説明しない、きちんと読んでいれば皆まで云わずともわかるでしょ?といった結末が多い。結構好きなタイプの落し方ですが、8つも続けて読むとちょっと物足りないかもしれない。帯にも、上記の内容紹介にも書きましたが「少しこわい」結末がどれもこれも用意されております。常軌を逸した人が犯罪を犯す…というか、生きている人間は誰もかれも常軌を逸しているわけですね。特に探偵に仕事を依頼するような人間は。依頼人至上主義ではなく、自らの「知りたい」という本能の赴くまま探偵業を続ける、葉村晶という探偵に好感が持てました。

描かれている謎についても、なかなか上質だと思います。身内に事件が起こりすぎだとは思いますが。類友ですか?その謎へのアプローチの仕方も独特で、若竹氏の作品ならではだと思います。若竹作品の入門書としても良いのではないでしょうか?

この女探偵・葉村晶はシリーズものであるという噂をどこかのブログで入手した記憶があるので、またの機会に挑戦してみようと思います。

|

« 『サイコロジカル』 西尾維新 | トップページ | 『壷中の天国』 倉知淳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/2116741

この記事へのトラックバック一覧です: 『依頼人は死んだ』 若竹七海:

« 『サイコロジカル』 西尾維新 | トップページ | 『壷中の天国』 倉知淳 »