« 『黄金蝶ひとり』 太田忠司 | トップページ | 『スレイヤーズ!』 神坂一 »

2006/06/20

『夜のピクニック』 恩田陸

夜のピクニック Book 夜のピクニック

著者:恩田 陸
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

夜を徹して全校生徒が80kmを歩く“歩行祭”が始まった。

私はあの賭けに勝つことができるのか?

私は勝つことを望んでいるのか、負けることを本当は望んでいるのではないだろうか?

青春ですねぇ。

こういうバキッと青春!という物語は大好きです。恩田氏の作品は何冊か読みましたが、いまのところこの『夜のピクニック』が一番かもしれない。前回のレビューでも同じようなことを書いた記憶がありますが…健忘症か?

恋愛のこと、友達のこと、受験のこと。なんでも楽しくて、なんでも不安で、自分がなにをしたいのかうまく掴むことができなくて。こういったもやもやした、あやふやな感情って、高校生くらいの時代が一番似合いますよね。子どもでもない、大人でもない、高校生でしかない時代。できれば高校生にもう一度戻りたいと思わせる素敵な一冊でした。

この『夜のピクニック』は夜を徹して80kmをただただ歩くという“歩行祭”の出来事が描かれています。もし、高校時代にこんなイベントが修学旅行の代わりにあるなんてことになったら、私は暴動を起こしたかもしれない。でも、実際にやらねばならなくなったら、絶対に楽しい一夜になるという自信があります。修学旅行の夜が一日ずーっと続いているようなものでしょ?進んでは絶対にやらないけれど、やってみても良いかな?と思わせる不思議な魅力を持つ“歩行祭”。普段は無意識下にある事柄が、きっと素敵に見えてくるだろうな。

登場する高校生たちがまた素敵で。実際に私が高校生だったころはもっともっと子どもで、あんなに仲間を大切にしていなかったかもしれない。今になって一番付き合いが続いているのは高校のときの仲間たちなのだけれど、この『夜のピクニック』に登場する彼らのような連帯感は高校時代には感じていなかったはず。皆が皆を思い合っていて。もちろん秘密を抱えるふたりの主人公を筆頭に。彼らのような互いを尊敬し合っていて、こいつといっしょにゴールを迎えたいと思える仲間。本当に良いものですね。

読了後、本当に清々しい感情が沸き起こりました。本屋大賞受賞も手放しで頷ける一冊。

|

« 『黄金蝶ひとり』 太田忠司 | トップページ | 『スレイヤーズ!』 神坂一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/2296948

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜のピクニック』 恩田陸:

» 恩田陸『夜のピクニック』(新潮社) [書評風-読んだら軒並みブックレビュー]
恩田陸『夜のピクニック』を読んだ。 この上なく恩田陸らしい、高校生が集団で歩くだ... [続きを読む]

受信: 2006/06/20 18:24

« 『黄金蝶ひとり』 太田忠司 | トップページ | 『スレイヤーズ!』 神坂一 »