« 『スレイヤーズ!』 神坂一 | トップページ | 『サイラーグの妖魔 スレイヤーズ3』 »

2006/06/21

『アトラスの魔道士 スレイヤーズ2』

アトラスの魔道士 Book アトラスの魔道士

著者:神坂 一
販売元:富士見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アトラス・シティに辿り着いたリナとガウリィ。

やっぱり巻き込まれる厄介事。トラブルが彼らを放っておくわけがない。

スレイヤーズシリーズ第二弾。

第二弾はシリーズキャラがリナとガウリィしか登場しないので、やっぱり物足りない。セイグラムがシリーズキャラといえばシリーズキャラだけど。だってアニメにも登場するしね。

『スレイヤーズ!』(第一巻)を読み終わったあと、スレイヤーズのファンサイトをあちこち巡回して参りました。シリーズ自体はもう完結してしまっている(すぺしゃるは別ね)のに、まだまだたくさんのファンサイトが活動されていて、キャラクタがたくさんの方に愛されているのに嬉しくなってしまいました。

ここからもう発言が腐女子以外の何物でもなくなってしまいます。一般の方はいますぐ避難してくださいね。

ファンサイトというものは、大抵なんらかのカップリングをメインに据えて活動されているわけですが、今日廻ってきたのは主にゼロリナゼルリナです。

やっぱゼロスはイイッ!!

ゼロスののほほんとした、それでいて黒い部分もすごく好きですが、やっぱり彼はあの石田ボイスが聞けないと物足りない。あの変態的なまでの囁き声で「それは秘密です」とやっていただけないと。ゼロリナは魔族と人間の愛を描いたシリアスものより、コメディで、ゼロスがとにかく苛められちゃっている作品が好きです。好きになった弱みで、リナには頭が上がらなくて、まるでドラ○もんのように酷使される彼を見るのが好き。でも、最後にリナから感謝の言葉を述べられると、魔族にも関わらず喜んじゃうゼロスが可愛い。生の感情を受けて滅んでしまえ。(←だって私、ドSですもの)

そして、ゼル熱も復活!!

あのクールな感じが壊れる瞬間なんかが描かれていると、キュンとしてしまいます。あの4人で旅をしていれば、ゼルの人格も壊れて行くでしょうけど…。ガウリィがリナの保護者を気取ったときにちょっとジェラシーしちゃうゼルなんて描かれていた際には、悶絶してしまいます。あんなにクール(岩で出来た体もクール)なゼルが嫉妬で熱くなっちゃうなんて、萌え。創作上のゼルは口説き方も手馴れたもので、ちょっと色男風なのが特徴。それがまたたまらん…。

やっぱり、私はスレイヤーズのキャラクタを心から愛しているんだ(間違った方向にね!)と再認識したひとときでございました。

さっぱり『アトラスの魔道士』について語ってないけど、シリーズキャラが出てこないとどうしてもね。さて、お次はアメリアの登場ですね!

|

« 『スレイヤーズ!』 神坂一 | トップページ | 『サイラーグの妖魔 スレイヤーズ3』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/2319689

この記事へのトラックバック一覧です: 『アトラスの魔道士 スレイヤーズ2』:

« 『スレイヤーズ!』 神坂一 | トップページ | 『サイラーグの妖魔 スレイヤーズ3』 »