« 『死体の冷めないうちに』 芦辺拓 | トップページ | 『ドミノ』 恩田陸 »

2006/05/16

『光と影の誘惑』 貫井徳郎

光と影の誘惑 Book 光と影の誘惑

著者:貫井 徳郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誘拐、密室、現金強奪、そして出生の秘密。

貫井徳郎が贈る4つの驚愕短編集。

貫井徳郎氏の作品は『慟哭』と『被害者は誰?』の2作品しか読んだことのない「本当にミステリマニアか?」と疑われても仕方の無い私。でも、貫井氏の得意技が驚異の大どんでん返しであることは周知の事実として認識しておりました。

この『光と影の誘惑』は貫井氏の必殺技がうまく活かされた名作だと思います。私の持論で「短編の巧い作家は良い作家」というのがあるのですが、その例をとれば貫井氏は充分に良い作家。短編の構成や落し方が東野圭吾氏に近いと感じるのは私だけでしょうか?

4つの短編の中で最も私の好みなのは「我が母の教えたまいし歌」です。大どんでん返しの内容については早い段階で看破することが可能ですが、そこへの持って行き方や描かれ方が私の好み。

純粋にひっかかったのは表題作「光と影の誘惑」でしょうか。「あれ?」と思わせる表記がうまいこと隠されていることにブラボーと叫ばずにはいられない。ミステリではフェア・アンフェア論争が巻き起こることがままありますが、最後に「あっ!」と思わせてくれれば、それだけで私はフェアだと思っております。アンフェアなのは最後に「はっ?」と思わせる作品のことです。

貫井氏の代表作はデビュー作『慟哭』を除けば「症候群シリーズ」ということになるのでしょうか?これから自他共に認めるミステリマニアとなるためにも、貫井氏の「症候群シリーズ」に挑戦することに致します。他にもオススメがあれば是非ご紹介くださいませ。

|

« 『死体の冷めないうちに』 芦辺拓 | トップページ | 『ドミノ』 恩田陸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1813233

この記事へのトラックバック一覧です: 『光と影の誘惑』 貫井徳郎:

« 『死体の冷めないうちに』 芦辺拓 | トップページ | 『ドミノ』 恩田陸 »