« 『陽気なギャングの日常と襲撃』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『交通警察の夜』 東野圭吾 »

2006/05/18

『探偵倶楽部』 東野圭吾

探偵倶楽部 Book 探偵倶楽部

著者:東野 圭吾
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

VIPのみが利用可能な会員制探偵・探偵倶楽部。

日本人離れした男と黒髪を切り揃えた女が依頼人の元へやってくる。

彼らが解き明かす真相とは?

東野圭吾氏の作風が若い。この『探偵倶楽部』を成熟させると『嘘をもうひとつだけ』のような作品になるのでしょう。

『探偵倶楽部』はVIP専用の凄腕探偵が解き明かして欲しくない謎まで解き明かしてくれるという趣向の短編集です。探偵倶楽部は正義の探偵ではなく、あくまでも営利目的の探偵ですので、警察の見方ではございません。守るべきは真実ではなく、VIPなお客様。こういうプロ根性は好きです。

でも、倶楽部のふたりは秘密裏に捜査を進めるので、どうしてその真相に行き着いたか?という謎をさっぱり解決してはくれません。そこが残念なところ。その点、比較対象として紹介した『嘘をもうひとつだけ』の方が優れていると個人的に感じます。『嘘をもうひとつだけ』の探偵役は我らが加賀刑事ですし。加賀刑事・愛。

ミステリとしても、読み慣れている人間にとっては物足りない結末が多いです。ただ、東野圭吾氏くらいメジャーになるとミステリマニアだけでなく、ちょっと通勤のお供に…と『探偵倶楽部』を手にとる方も少なくないと思いますので、その意味で一般受けする作品かもしれません。ミステリマニアにとっては大したどんでん返しじゃなくても、読み慣れていない人にとっては大大大どんでん返しかもしれない。

貫井徳郎氏『光と影の誘惑』のレビューで「(貫井氏の)短編の構成や落し方が東野圭吾氏に近い」という内容の雑文を書きましたが、東野圭吾氏の短編はラストにとんでもないところへの着地を用意してくれるので好きです。記憶にある中で最も“ぞくっ”とするラストだったのは『交通警察の夜』に収録されている「天使の耳」という作品です(文庫化された際に短編集のタイトル自体が『天使の耳』に改題されましたが、私が読んだのは『交通警察の夜』だったものですから)。この作品のラストはすごいですよ。最後の最後でそうもってくるか!という感じです。オススメ。

今回の『探偵倶楽部』のオチにはこういう“ぞくっ”と感が無かったのが残念。でも、普通に読めます。さすが“東野ブランド”。

|

« 『陽気なギャングの日常と襲撃』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『交通警察の夜』 東野圭吾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1847975

この記事へのトラックバック一覧です: 『探偵倶楽部』 東野圭吾:

« 『陽気なギャングの日常と襲撃』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『交通警察の夜』 東野圭吾 »