« 名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌」 | トップページ | 『少女には向かない職業』 桜庭一樹 »

2006/05/07

『6ステイン』 福井晴敏

6ステイン Book 6ステイン

著者:福井 晴敏
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

存在を秘匿された組織・市ヶ谷の命により暗躍する人々の6つの物語。

福井晴敏初短編集。

最近めっきり「名探偵コナン」で検索される比率の多い当ブロ愚ですが、れっきとしたミステリーレビューのブログです。最初にお断りしないと。トップページよりコナンページのアクセス数の方が多いなんて…ガクガクブルブル。

さて、私の愛して已まないDAISシリーズの番外編とも言える本短編集。愛して已まないのはDAISではなく如月行ではないのですか?というするどいツッコミにはスルー。

さて、本作に納められた6つの短編の中で最も私好みなのは「いまできる最善のこと」だったりします。こういったおじさんと生意気な子どもの図に限りなく弱い私。何度か目頭を熱くさせてくれました。福井氏の作品に欠かすことのできないおじさんの存在ですが、どのおじさんよりも好きかもしれませんね。ちなみに『亡国のイージス』の仙石さんにはあまり触手が動きませんでしたの。おほほ。そんな個人的萌えポイントを外すならば、状況区分E(=退職者)の目線で描かれる市ヶ谷とか境遇なんかが新鮮で良かった。市ヶ谷の全貌が未だ明らかになっていない中、スポットの場所を変えてやらないとね。

今回の短編集は「いまできる~」から収録順に私好みといって差し支えないかもしれませんね。ラストの「920を待ちながら」にはファン待望のあのお方(登場の時点で察しが付きまますよね。あからさまなファンサービスに感謝感謝)の登場がありましたが、それ以外はちょっと魅かれるところが無かったのが残念。しかし、あのお方は本当におじさん運があってよろしい。

福井氏の作品で次に読みたいなぁと思っているのが『C-blossom』です。正確に記すならば福井氏原作の少女漫画なのですが、表紙に描かれた如月行が私の妄想の中の彼を見事にマッチしております。映画『亡国のイージス』の勝地涼くんの髪型ではちと短すぎるというのが正直なところ。漫画とはいえ読了後にはレビューしたいと思います。

C-blossom (2)    KCデラックス Book C-blossom (2) KCデラックス

著者:霜月 かよ子,福井 晴敏
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回のレビューも結局『6ステイン』のレビューというよりも如月行のレビューになってしまいましたか。そろそろバリバリの本格でも読んで、ミステリ論でもぶちかましてみようかしら。

|

« 名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌」 | トップページ | 『少女には向かない職業』 桜庭一樹 »

コメント

突然申し訳ありません。
ブログサーチ&コミュニティ【ぶろぐひろば】です。
http://bloghiroba.com/blog/
貴サイト様を拝見し、是非当サイトにご参加いただきたいと思いコメントさせていただきました。
できたばかりのサイトですが、皆様のアクセスアップの少しはお役に立てるよう努めてまいりますので、ご参加をご検討くださいませ

投稿: ぶろぐひろば | 2006/05/09 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1706877

この記事へのトラックバック一覧です: 『6ステイン』 福井晴敏:

« 名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌」 | トップページ | 『少女には向かない職業』 桜庭一樹 »