« 『沈黙者』 折原一 | トップページ | みんなの読書癖●皐月賞編 »

2006/05/30

『図書室の海』 恩田陸

図書室の海 Book 図書室の海

著者:恩田 陸
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Mystery、Horror、Science Fiction…

恩田陸のジャンルを越えた10の罠がここに。

『六番目の小夜子』番外編を含むとっておきの短編集。

恩田氏の作品を読むなら短編集の方が好みであることをようやく自覚致しました。

恩田氏の作品って、どれもニュアンスで描かれているじゃないですか?(あぁ、この「じゃないですか?」口調を死ぬほど嫌悪しているのに。使ってしまう罠)明確に「こうです!こうなんです!」と主張する結末を持たない=読者に結末を委ねる姿勢。この姿勢が本格ミステリをこよなく愛す私にはノックアウト気味だったのですが、短編だとすんなり受入れられる自分がここに居ました。

短編って基よりニュアンス重視というか、文字制限を受け入れざるを得ない戦場で戦っているため、読者の想像力に期待する部分が多い。それを念頭に置いて読むため、曖昧なまま物語が終結しても、憤りとか不安とか感じないのですよね。あぁ、こういう雰囲気の作品も良いね、で納得できる。

長編だと「ここまで読ませといてそれかい!」という憤慨を覚えやすい。本格ミステリ中心で生きて来た私の読書人生がそう思わせることは判っていても、憤ってしまう未成熟な私。駄目な子ね…。

というわけで、まだ数冊しか読んでいない恩田氏の作品の中でも『図書室の海』はお気に入りの一冊。ミステリよりもホラー作品の方が好みの作品が多かった。一番好きなのは「茶色の小壜」でしょうか。『夜のピクニック』を読まなきゃ!という気持ちにさせるという意味では「ピクニックの準備」も好きです。

あとは表題作「図書室の海」を読んでいて感じたのが、「あぁ、私は関根秋くんがかなりお気に入りだったんだなぁ」ということ。関根姉が主人公だというだけでどきどきしながら読み進めました。いつか秋くんが登場するんじゃないかって。駄目な子…。

恩田陸氏初心者にはとっかかりとして適した一冊ではないかと思います。これからどんな恩田作品を読めば良いかわかる一冊。

|

« 『沈黙者』 折原一 | トップページ | みんなの読書癖●皐月賞編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/2001376

この記事へのトラックバック一覧です: 『図書室の海』 恩田陸:

« 『沈黙者』 折原一 | トップページ | みんなの読書癖●皐月賞編 »