« 『ニンギョウがニンギョウ』 西尾維新 | トップページ | 『さよならの代わりに』 貫井徳郎 »

2006/05/23

『ふたり探偵』 黒田研二

シリアルキラーJによる連続殺人事件が頻発。

捜査にあたる恋人がその魔の手にかかり意識不明との情報が、札幌から上野への寝台特急“カシオペア”に乗車中の友梨の元に寄せられた。

そして友梨の身に起こる不思議な変化。

謎と論理のフルコースを召し上がれ(by 太田忠司氏)

連続してこの『ふたり探偵』のレビューを見る機会があったものですから、「あぁ、私もこの話好きなんだよねぇ」と再読を決意致しました。

この『ふたり探偵』はクロケン(黒田研二氏)の生み出した作品の中でも名作だと思います。

帯にでかでかと書かれた太田忠司氏の紹介文の通り、謎と論理をお腹一杯楽しむことができます。

この『ふたり探偵』では主人公・友梨の身にちょっとした(いや、かなりの)不思議現象が起こるのですが、その現象こそが『ふたり探偵』たるタイトルの所以。その現象とは意識不明の重態である恋人の意識が、友梨の意識と同調(憑依)し、ふたりで意見を交わしながら起こった殺人事件を解決してゆくというもの。普通ミステリの設定にこんな奇異な設定をもってこられると「は?」ってなものなのですが、その設定をうまく利用してバキバキの本格ミステリをクロケン氏はやってのけるのですね。その論理の精巧さからいって、本格ミステリとしか云い様が無い。

この奇異な現象を主人公があっさり受け入れることなく、ストーリーの半分くらいまで疑ってかかるところがまた現実的。伏線も至るところに張られていて、ぼーっと読んでいる暇はありません。作者が読者に対して仕掛ける叙述トリックも爽快感がありますし、とにかく本格ミステリマニアをも唸らせる一作となっております。

是非ご賞味いただきたい、と。

蛇足と知りつつ付け加えますと、この『ふたり探偵』には続編があるのですが、そちらはストーリー展開は良いのですが、論理部分にちょっと隙があるというか、後から設定をいじくりました!感が否めない一作となっております。そこがまた残念なのですが、『ふたり探偵』と同時に続編もお読みいただけたら…と思います。

|

« 『ニンギョウがニンギョウ』 西尾維新 | トップページ | 『さよならの代わりに』 貫井徳郎 »

コメント

トラバありがとうございます♪
まじょさんの記事を読みながら、そうそうそうんなんだよね~、と頷いてしまいました。
続編の評判は若干落ちるものの、でもこの「ふたり探偵」が見れるだけでも幸せを感じそうです。

投稿: たいりょう | 2006/05/24 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1915436

この記事へのトラックバック一覧です: 『ふたり探偵』 黒田研二:

» 『ふたり探偵 〜寝台特急「カシオペア」の二重密室〜』 著者:黒田研二 [たいりょうのちょっと一息]
font color=#ff0000bあらすじ/b ub北海道の取材を終えた向河原友梨らムック本の取材班は、寝台特急「カシオペア」に乗る。だが友梨は、取材旅行の直前、同僚の笹川耕平が失踪したことに不安を感じていた。彼は、シリアルキラーJに関してある予言をしていたのだ。 一方、友梨の婚約者でJを追う刑事・胡田は、Jに監禁されていた耕平から連絡を受ける。耕平から、Jの標的が「カシオペア」の..... [続きを読む]

受信: 2006/05/24 07:16

» ふたり探偵 寝台特急「カシオペア」の二重密室/黒田研二 [個人的読書記録]
思ってたより面白かった。 サイコキラーやらミッシングリンクやら密室やら特殊設定やら詰め込みすぎだろと途中まで思ってたけど、結末間際の怒涛の展開にとりあえず満足。 しかし装丁は最悪だと思う。 なんかカシオペアの窓から人形が覗いてる表紙にむちゃくちゃ殺意を覚えるのは俺だけか(笑...... [続きを読む]

受信: 2007/03/07 23:23

« 『ニンギョウがニンギョウ』 西尾維新 | トップページ | 『さよならの代わりに』 貫井徳郎 »