« 『翼ある闇』 麻耶雄嵩 | トップページ | 『いつか、ふたりは二匹』 西澤保彦 »

2006/05/21

『名探偵はどこにいる』 霧舎巧

名探偵はどこにいる Book 名探偵はどこにいる

著者:霧舎 巧
販売元:原書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

犯罪者になりたかった少年が刑事になったとき、刑事への道を拓いてくれた人を超える。

「あかずの扉シリーズ」外伝にして、「名探偵シリーズ」第二弾。

霧舎巧久しぶりの新刊。

あれ?一時間しないで読めてしまいました…中途半端に読んだつもりは無いのだけれど。

というわけで、霧舎巧氏久しぶりの新刊です。「あかずの扉シリーズ」はどうした?「霧舎学園シリーズ」もあと半年分残ってるぞ!と言いたいことは山のようにあるのですが、今回はあくまでも『名探偵はどこにいる』のレビュー。

この『名探偵はどこにいる』は『名探偵はもういない』のまるっきり続編としての扱いですので、『名探偵はもういない』を読了後でなければ魅力はゼロだと思います。『もういない』の方がこの春講談社ノベルスとして発刊されたばかりですので、タイムリーといえばタイムリーなのですが。

でもね、扱っている題材やテーマがぬるいの。過去の犯罪を探る…という緊張感の薄い題材な上に、真相については後動さん(父)が既に解き明かしているわけでしょう?しかも後動(父)の動きをトレースして。そりゃ、解けるさ。解き明かされていない謎を解くからこそ名探偵なのであって、先人が既に解き明かしたものを探るのは教科書を読むのと同じではないですか。

そこに現代の政略争いや今寺刑事の初恋が絡んでくるっていったって…。今寺刑事に萌えている人間がそんなに多いとも思えず、後動(父)の行方不明の真相だってさっぱり見えてこないし。まぁ、父失踪については「あかずの扉シリーズ」で解き明かしてゆくのだと思いますが、それならば「あかずの扉シリーズ」の新刊WO!という気分です。

新刊をあれだけ待ち望んでいたにも関わらず、一時間足らずで読めてしまったという憤りがこのレビューを書かせているわけですが、『名探偵はもういない』でふんだんに描かれていたミステリとしての遊び心を、続編の『名探偵はどこにいる』で踏みにじられた感があるのですよ。残念。

過去の事件の真相だって、初恋といっしょに封印された謎だって、大して難しいものではなく、読んでいてあっさり看破できるものだったしね。大人を悩ませるような謎ではない。やっぱり「あかずの扉シリーズ」くらいの重圧なものが霧舎氏の作品で読みたいわけです。

カケルとユイに会いたいです。

|

« 『翼ある闇』 麻耶雄嵩 | トップページ | 『いつか、ふたりは二匹』 西澤保彦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1881426

この記事へのトラックバック一覧です: 『名探偵はどこにいる』 霧舎巧:

« 『翼ある闇』 麻耶雄嵩 | トップページ | 『いつか、ふたりは二匹』 西澤保彦 »