« 『名探偵症候群』 船越百恵 | トップページ | 名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌」 »

2006/05/03

『六番目の小夜子』 恩田陸

六番目の小夜子 Book 六番目の小夜子

著者:恩田 陸
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

3年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が見えざる手によって選ばれる。

今年は「六番目のサヨコ」が選ばれる年。

サヨコ伝承と、淡い青春時代を綴った恩田陸の代表作。

いまや宮部みゆき氏と肩を並べる大女流作家の恩田陸氏ですが、実は恩田氏の作品を読むのはこれが2作目です。1作目が『MAZE』だったのですが、あの不条理ラストに納得がゆかずに避けておりました。今回再チャレンジしようと思ったのは半年くらい前に『六番目の小夜子』のドラマ再放送を見かけて、これだけ有名な作品なのに読んでないとは読書家の名が廃る!と思ったからです。あとは山田孝之くんが若くて可愛かったからです…。

さて、ドラマでは舞台は中学校でしたが、原作の舞台は高校なのですね。高3独特の受験を控えた微妙な距離間とサヨコ登場の違和感がうまいことマッチしていて、良かったです。中学生にサヨコをやらせるのは荷が重過ぎると思うよ…。

しかし、ドラマは随分と豪華キャスティングですこと(ドラマ版公式HP)。鈴木杏ちゃんに山田孝之くん、栗山千秋ちゃん(の小夜子はまさにはまり役だと思います)に勝地涼くんまで。鈴木杏ちゃんの役はドラマオリジナルのようですし、山田孝之くんの設定も原作とは違っちゃってますね。原作の関根秋は私のド好みです。

肝心の原作感想ですが、本作も『MAZE』同様、ラストに消化不良感が否めません。これはミステリ好きの私の趣向に起因するものなのでしょうが、謎が謎のまま残されることが苦手。いや、読者にとっての謎はきちんと解明されているのですが、登場人物たちがサヨコ伝承を謎のまま残し、未来永劫続けて行くというホラーさにそら恐ろしいものを感じます。ドラマでは杏ちゃんが○○をこれでもか!と言わんばかりに問い詰めていたように記憶しておりますが、そちらの方がしっくりくるというものです。

恩田氏の作品はまだまだ2作目で、全く未知の領域と言わざるを得ませんが、すべての作品がこの調子ってことは…ありませんよね?皆様のオススメ恩田作品があれば是非教えてくださいませ。出来れば不条理ホラーではなく、快刀乱麻に謎を解く!みたいな作品を是非。よろしくお願いいたします。

|

« 『名探偵症候群』 船越百恵 | トップページ | 名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1665848

この記事へのトラックバック一覧です: 『六番目の小夜子』 恩田陸:

« 『名探偵症候群』 船越百恵 | トップページ | 名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌」 »