« 『びっくり館の殺人』 綾辻行人 | トップページ | 『盤上の敵』 北村薫 »

2006/04/09

『怪盗グリフィン、絶体絶命』 法月綸太郎

怪盗グリフィン、絶体絶命 Book 怪盗グリフィン、絶体絶命

著者:法月 綸太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ライト・シング、ライト・プレイス」をモットーとする凄腕怪盗グリフィン。

彼が巻き込まれることになったフェニックス作戦とは?

かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド第9回配本。

怪盗もの、好きです。

最初に怪盗ものに出会ったのはルパンで、そのあとリュパン。個人的にルブランの作品はリュパン表記の方がしっくりきます。こだわり。

さて、今回は法月氏がミステリーランドのために創造した怪盗グリフィンが主人公。最初、怪盗グリフォンだと思い込んでいてなかなか修正できませんでした。グリフォンの方が音馴染みが良くって。

グリフィンが巻き込まれることになるフェニックス作戦ですが、スリリングかつ二転三転する結末で非常に楽しい読書をさせていただきました。怪盗ものは騙し騙されがその醍醐味ですので、依頼人が怪盗に嘘をつくなんてのは当たり前。むしろ正直に盗みを依頼する方が怪しいってなもんです。

怪盗としての盗みのテクニックと、依頼人の本当の目的を探るための名推理。怪盗ものはこの二つの楽しみを一度に楽しむことができるから止められません。

あとはかつて子どもだったあなたへのファンサービス。今回は怪盗ものということで、ニック・ヴェルヴェットへのオマージュが。怪盗ニックも私の好きな怪盗の一人。カクテルの名前がニック・ヴェルヴェットだなんて、なんてありそうな名前なのでしょう。飲んでみたいわ。

本作はここのところ読んできたミステリーランドの中でも飛びぬけて子ども向きな作品でした。少年少女はきっと満足のゆく読書ができるでしょう。

法月氏、是非グリフィンに次なる活躍の機会を!楽しみにしております♪

|

« 『びっくり館の殺人』 綾辻行人 | トップページ | 『盤上の敵』 北村薫 »

コメント

まさにミステリーランドと言う本でしたね 考えれば怪盗ものなんて読むの久しぶり! こうでなくては怪盗ではないって言うのを思い出しました

投稿: きりり | 2007/01/18 12:14

☆きりりさん☆
グリフィンシリーズはシリーズ化してもらいたいくらい好きです。ミステリーランドの中でもベスト3に食い込んでくるかも?まさに怪盗!こうでなくっちゃ!!と納得の一冊でしたね♪

投稿: まじょ→きりりさん | 2007/01/21 18:48

オススメいただいていた怪盗グリフィンようやく読了しました。いや面白いです!!読み始めたら止まらないし、怪盗ネタも素敵ですね。ルパン好きにはたまりません。これはシリーズで読みたい。高田崇史さんみたいにミステリーランドで複数出して欲しいですよね。

投稿: ソラチ | 2007/05/24 23:38

☆ソラチさん☆
愉しんでいただけたみたいで一安心です~。オススメするのって、勇気要りますよね。面白く無いって云われたらどうしよう…とか。でも、『怪盗グリフィン』については、そんな心配は不要かしら?だって、面白いんだもの!!
本当にシリーズ化して欲しい一作です。法月氏、こんな素敵作品も書けるんじゃん!みたいな(あれ?さらっと酷いこと云ったような?)またグリフィンの活躍が読みたいです~

投稿: まじょ→ソラチさん | 2007/05/27 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1340538

この記事へのトラックバック一覧です: 『怪盗グリフィン、絶体絶命』 法月綸太郎:

» 法月綸太郎「怪盗グリフィン 絶対絶命」 [聞いてあげるよ君の話を]
NYの怪盗グリフィンのもとに怪盗グランプリの招待状が届く 優勝者には怪盗ルパンと百万ドルの賞金! しかし怪盗グリフィンは騙されない 未開封の封書に見せかけ送りした その1週間後依頼が舞込んだ メロトポリタンミュージアムのゴッホの自画像を盗むと言うもの し....... [続きを読む]

受信: 2007/01/18 12:15

» 法月綸太郎「怪盗グリフィン、絶体絶命」 [フォーチュンな日々(仮)]
本日ご紹介するミステリーは、法月綸太郎さんの「怪盗グリフィン、絶体絶命」です。こちらの作品は以前に紹介した綾辻さんの作品と同じ「かつて子どもだったあなたと少年少女のために」と題された「ミステリーランド」の作品です。要するに乳幼児以外は全員対象内です。●...... [続きを読む]

受信: 2007/02/02 21:36

« 『びっくり館の殺人』 綾辻行人 | トップページ | 『盤上の敵』 北村薫 »