« 『ほうかご探偵隊』 倉知淳 | トップページ | 名探偵コナン「集められた名探偵!工藤新一VS怪盗キッド」 »

2006/04/17

『ぼくと未来屋の夏』 はやみねかおる

ぼくと未来屋の夏 Book ぼくと未来屋の夏

著者:はやみね かおる
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一学期最後の日、ぼくが出会ったのは未来屋。

未来屋とぼくが過ごした小学校最後の素敵でちょっと不思議な夏休み。

ミステリーランドの執筆陣って本当に豪華ですよねぇ。ノベルスのアツい講談社だから出来るラインナップといいましょうか。その中でもおそらく大人よりも子どもに絶大なる人気を誇るであろうはやみねかおる氏の一冊が今日のレビューです。

はやみね氏の著作で最初に読んだのは青い鳥文庫の「そして五人がいなくなる」でございました。大学生時代、家庭教師先のお嬢さんが読んでいたのをちょっと読ませてもらったわけです。彼女が算数の問題を解いている間にね。(そんな彼女もきちんと有名中学校に合格致しました。よよよ。)

そのときの感想が「子ども向けのジュブナイルなのに、ミステリマニアうはうはネタ満載だなぁ」というものだったのですが、まさか本職のミステリ作家さんだったとは。(今回はもちろん知ってて読みましたのよ。ほほほ。)

さて、肝心の感想はというと…ちょっと物足りない!ここのところ読むミステリーランドミステリーランド、どれもこれも後味の宜しくない凄みのある作品ばっかりだったので、ここまで少年少女のために書かれた純粋な作品では物足りなくなってしまいまいした。

未来屋って本当に未来がわかっちゃう不思議な人なのかなぁって思ってたのですが、案外人間臭く描かれているものですから。いや、実際にそんな人いたら奇人変人の部類で、宗教起こしちゃいますか?ってな具合なんですが、もうちょっと神秘性を持たせてくれたら良かったってことなんですよ。

でも、この作品こそがミステリーランドなんでしょうね。

今度ははやみね氏の講談社ノベルスシリーズの方に手をつけてみようと思っております。

|

« 『ほうかご探偵隊』 倉知淳 | トップページ | 名探偵コナン「集められた名探偵!工藤新一VS怪盗キッド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1440447

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくと未来屋の夏』 はやみねかおる:

« 『ほうかご探偵隊』 倉知淳 | トップページ | 名探偵コナン「集められた名探偵!工藤新一VS怪盗キッド」 »