« 『完全犯罪に猫は何匹必要か?』 東川篤哉 | トップページ | 『「ギロチン城」殺人事件』 北川猛邦 »

2006/04/01

『ダウン・ツ・ヘヴン』 森博嗣

ダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heaven Book ダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heaven

著者:森 博嗣
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

エースとなったクサナギに求められているのは、飛ぶことではなく広報に利用されること。

迷うクサナギはついに空の上で彼との再会を果たす。

スカイ・クロラシリーズ第三弾。

『スカイ・クロラ』<『ダウン・ツ・ヘブン』<『ナ・バ・デア』

これが私の好きな順です。

『スカイ・クロラ』を読んだときには、このシリーズは苦手かな?と思ったものですが、『ナ・バ・デア』でクサナギとティチャーに魅了され、今回の『ダウン・ツ・ヘブン』で彼らは待望の再会を果たしました。

願いに願った再会。待ちに待った再会。

このシリーズは時間軸があやふやになりがちですが、そこを理解することが感動への第一歩。キルドレの存在を理解することが第二歩でしょうか。そしてクサナギ、ティチャー、カンナミの関係を理解することが第三歩?

シリーズ新作を読むたびに前作を読んで撒き散らされた伏線をひとつひとつ回収してゆきたいと感じるのは私でしょうか?

そして特記すべきは飛行中の記述の美しいこと。短い文章の連続で、あんなにも美しい文章を私はこのシリーズ以外に知りません。わからないテクニックばかりだけれど、言葉からイメージされるものをつなげてゆくだけで、クサナギといっしょに飛んでいるかのような感覚に襲われます。

文章を理解することではなく、イメージすること。

この作品に求められているのはそういうことだと思います。

6月刊行の『フラッタ・リンツ・ライフ』も楽しみです。

|

« 『完全犯罪に猫は何匹必要か?』 東川篤哉 | トップページ | 『「ギロチン城」殺人事件』 北川猛邦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1243914

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダウン・ツ・ヘヴン』 森博嗣:

« 『完全犯罪に猫は何匹必要か?』 東川篤哉 | トップページ | 『「ギロチン城」殺人事件』 北川猛邦 »