« 『麿の酩酊事件簿 花に舞』 高田崇史 | トップページ | 我が青春の1ページ »

2006/04/13

『麿の酩酊事件簿 月に酔』 高田崇史

麿の酩酊事件簿―月に酔 Book 麿の酩酊事件簿―月に酔

著者:高田 崇史
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

二日後の世界へとあっという間にタイムスリップできる薬を知っていますか?

今日も文麿はこの薬を常飲し、時間も女性も失ってしまうのです。

そんな悲しい男とお酒と殺人事件のお話。

引き続き『麿の酩酊事件簿』です。本当の内容紹介は『麿の酩酊事件簿 花に舞』をどうぞ。

今回は前作よりミステリチックでございますね。何故って、殺人事件ですもの。前作でも殺人事件を扱ってはいましたが、すべてリアルタイムで起こった事件ではなかったため印象が薄い。もちろん、テイストは今回も同一ですのでご安心を。

『月に酔』の最後に漫画版原作の広告(?)が載っていましたが、全二巻で完結なのですね。読んだことは無いので想像ですが、ノベライズにあたって高田氏が大幅に加筆されているようなので、執事・大原の存在すらもオリジナルかもしれませんね。

ここはやはり高田氏に早急にシリーズ新作を書いてもらうしかないじゃないですか!

このブロ愚をご覧になった講談社の方、いますぐ高田氏に執筆を依頼してください(無理無理。見ない見ない)

はやくまつゑさんが「よよよよよ…」と泣き崩れ、大原が「昨日は時の流れるままに終了致しました」と優秀な執事ぶりを発揮する場面が見たいのです。私の二大好きなシーン。

切望!

|

« 『麿の酩酊事件簿 花に舞』 高田崇史 | トップページ | 我が青春の1ページ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1392931

この記事へのトラックバック一覧です: 『麿の酩酊事件簿 月に酔』 高田崇史:

« 『麿の酩酊事件簿 花に舞』 高田崇史 | トップページ | 我が青春の1ページ »