« 『どんどん橋、落ちた』 綾辻行人 | トップページ | 大人買い »

2006/04/10

『アッシュベイビー』 金原ひとみ

アッシュベイビー Book アッシュベイビー

著者:金原 ひとみ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アヤは恋人でもない男・ホクトとルームシェアを始める。

ホクトが紹介してくれた男性に惹かれ、壊れ始めてゆくアヤ。

芥川賞受賞第一作目。

『蛇にピアス』がなかなか良かったので、二作目にも挑戦してみました。

えっとぉ、最初は有りかなぁと思ったのですが、どんどんアヤが壊れて狂気を孕んでくるにつれ…ごめんなさい。

性におっぴろげなのは良いんですよ。特に嫌な気はしないんですが、狂気は駄目です。

これまで他作のレビューでも狂気は嫌、狂気は嫌いと云い続けております私。「冷静であれ」を信条にしている私としては壊れてゆく人を見たり感じたりするのが徹底的に駄目なのです。

怖いんです。

本格ミステリの犯人は比較的壊れちゃっている人が多いのですが、狂人には狂人の理論があって、レクターのように理論的な狂人が多いんです。だから許せる…というかまだ理解できるのです。

でも、理論の無い狂気はとにかく怖くって。特に恋愛で壊れちゃったりする人間を見るのが怖い。理解できないのです。なぜ恋愛ごときで壊れる?って。

この『アッシュベイビー』はそんな怖さを感じさせる一作。

『蛇にピアス』のように爆発的に展開させる事件も無く、ただただ壊れてゆくアヤ。なにか大きな契機でもあれば良かったのだけれど。恋愛じゃなくてね。

|

« 『どんどん橋、落ちた』 綾辻行人 | トップページ | 大人買い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1356399

この記事へのトラックバック一覧です: 『アッシュベイビー』 金原ひとみ:

« 『どんどん橋、落ちた』 綾辻行人 | トップページ | 大人買い »