« 『蛍』 麻耶雄嵩 | トップページ | 『エルの終わらない夏』 関田涙 »

2006/04/29

『ぼくのメジャースプーン』 辻村深月

ぼくのメジャースプーン Book ぼくのメジャースプーン

著者:辻村 深月
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ぼくの好きなふみちゃんを傷つけたあいつを許せない。

言葉に不思議な力を持つぼくは、その力で復讐することを決意する。

復讐までの一週間、不思議な不思議なお話。

辻村深月氏、天才かもしれないっ!

こんなに心打たれるお話読んだのは久しぶりです。辻村氏のこれまでの作品の中でも、ピカイチで好みです。辻村氏の作品では、いつもラストでうるっとさせられてしまいますが、今回もやられました。泣かせようとしているわけではないと思いますが、作品を通して登場人物が必ず成長を見せてくれるものですから。そういう姿にたまらなく弱いのです、私。

今回はちょっと不思議な力を持った少年が主人公ですが、物語の肝は不思議な力云々ではなくて、人間が相手に与える影響や干渉をどうとらえるかがテーマになっております。人道というものをあれだけの量で説かれたら、普段の私なら絶対に嫌になって投げ出すところなのに、辻村氏の作品だけはそれがない。そういった作品を書く作家だという事前知識があるにしても、流石と言う他ありません。脱帽。

それに、辻村作品を既にお読みの方であれば、おおっ!と思えるあのお方がキーパーソンとして登場してますしね。好きだったんですよねぇ、あのお方。冷静沈着で、物腰も柔らかくって。あんな方に師事したいものです。

デビュー作から振り返ると、個人的に『ぼくのメジャースプーン』→『冷たい校舎の時は止まる』=『凍りのくじら』→『子どもたちは夜と遊ぶ』の順で好みだということになるでしょうか。第一作目の『冷たい校舎~』はメフィスト受賞作ということもあってミステリテイストを含んだ作品でしたが、二作目『子どもたち~』でそのテイストもほぼ下火になり、三作目からは全く見られなくなりましたね。

ミステリ好きとしてはまた辻村氏のミステリものを読みたいと願うばかりですが、これだけクォリティの高い作品を読まされれば、新作を出してもらえるだけで嬉しい。シリーズもの以外で、数少ない新作が楽しみな作家のひとりです。

しっかし、ほとんど私と歳が変わらないっていうのがショックでもあり、驚き。

辻村氏はいつか大きな賞を受賞すると思います。もっともっと活躍してくださることを祈りつつ『子どもたちは夜と遊ぶ』を再読しようかと考えております。

|

« 『蛍』 麻耶雄嵩 | トップページ | 『エルの終わらない夏』 関田涙 »

コメント

まじょ。さんは、僕の知っているまじょ。さんなのでしょうか? もしそうなら、お久しぶりです。ハンゲームだったか、Cururuだったかで、一時お世話になりました。当時、Deleriumという名前で、ブログやってました。きっとそのまじょ。さんってことで、書き込みました。覚えてますか~? もし違うようなら、後で書き込みを消しちゃいますね。

さて。

なぜこのブログに辿り着いたかというと、『辻村深月』でぐぐったら、3つ目くらいにヒットしたからです。思わず、クリックしてしまいました。そして、『ぼくのメジャースプーン』の感想で、“辻村深月氏、天才かもしれないっ!”を見てしまいまして、更に書き込もうと思ってしまいました。

僕も辻村氏については、僕も逸材だと思っています。日本人作家では唯一、新刊を購入している作家です。『スロウハイツの神様』はちょっとパワー不足だと感じましたが、『凍りのくじら』と『ぼくのメジャースプーン』は秀作ですよね。

ということで、細々と、感想用ブログもやってますので、よろしくお願いいたします。

投稿: Cozy(Delerium) | 2007/03/08 23:46

☆Cozyさん☆
Cozyさん、ご存知のまじょ。です!こんなところで再会できるとは…ブログの世界って広いようで狭いですね~。CURURUは、あまりの使い勝手の悪さに辟易してしまい、ココログでひっそり再出発しておりました。このブロ愚も先日一周年を迎えましたので、Cozyさんとも1年以上のご無沙汰でしたか。また、お付き合いくださると幸いです!
辻村深月氏はCozyさんがきっかけで読み始めたようなものなので、これまた感慨深い!Cozyさんもコメントしてくださっているように、『スロウハイツ』は確かにパワー不足でしたね。でも、『メジャースプーン』と『凍りのくじら』の素晴らしさが心に残っている限り、まだまだ読み続けますよ!
CURURU時代よりも、更に調子に乗ったあくどいブロ愚ですが、またいらしてくださると嬉しいです♪

投稿: まじょ→Cozyさん | 2007/03/09 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1617191

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくのメジャースプーン』 辻村深月:

» ぼくのメジャースプーン [空夢ノート]
『ぼくのメジャースプーン』  辻村 深月  講談社ノベルス 2006.4.6 \970 <ご紹介> 講談社のメフィスト賞作家・辻村深月の第4作目。 ちなみに、今作は、『子どもたちは夜と遊ぶ』からの派生作品でもあります。 彼が、あの時あのセリフをどういう気持ちで言...... [続きを読む]

受信: 2006/05/01 00:04

« 『蛍』 麻耶雄嵩 | トップページ | 『エルの終わらない夏』 関田涙 »