« 『水の迷宮』 石持浅海 | トップページ | 『完全犯罪に猫は何匹必要か?』 東川篤哉 »

2006/04/01

『ぶらんでぃっしゅ?』 清涼院流水

ぶらんでぃっしゅ? Book ぶらんでぃっしゅ?

著者:清涼院 流水
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

胎児の頃、どこからともなく聞こえてきた「ぶらんでぃっしゅ」が僕を悩ませる。

「ぶらんでぃっしゅ」が僕の人生を大きく左右する。

特別ゲストも参加した清涼院流水の待望ハードカバー。

JDCの龍宮城之介ちゃん現代版でございます。

いやぁ、ほんまにぎょーさんよく思いつきはりますなぁ。とうっかり似非関西弁が飛び出すほど、「ぶらんでぃっしゅ」候補の数に圧倒されます。

実際のところ「それどうよ?」と思わせる「ぶらんでぃっしゅ」も少なくないのですが(優勝した「野村證券」なんてどうよ?)。

私のイチオシは申し訳ないことに清涼院氏の考えた「ぶらんでぃっしゅ」ではなく、特別ゲスト森博嗣氏の○シ○○だったりするのですが。

この本の危険なところは「ぶらんでぃっしゅ」を確認しようとして、イチイチ呟いていたら確実に怪しいひと行きというところですね。基本的に自宅で読んだのですが、通勤途中の地下鉄なんかで読んでたら、満員なのに間違いなく私の周りだけスペースができることでしょう。

清涼院氏の考えることは大きすぎて、私にはぽかんとしてしまうことがままありますが、他にこんな作品を書ける作家はいないと思うので、是非これからも独自路線を突っ走ってもらいたいと思います。

でも、やっぱりJDCが読みたい…。

|

« 『水の迷宮』 石持浅海 | トップページ | 『完全犯罪に猫は何匹必要か?』 東川篤哉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1237774

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぶらんでぃっしゅ?』 清涼院流水:

» 「ぶらんでぃっしゅ?」(清涼院流水) [避難場所]
一日で読破してしまいました、「ぶらんでぃっしゅ?」(清涼院流水)。 やたらとスケールのでかい世界を描く氏にしては珍しく、 これは、ある一人の人物の人生に焦点をあてた小説となってます。 しかも、(かなり仕事は順調にいっていたとはいえ) わりと平凡な人生を歩んだ人物です。 (最終章は、あまり平凡とはいえないかもしれませんが。) タイトルは、氏のライフワークでもある「言葉遊び」と関連するものであり、 主人公の人生も、それと大きくつながったものですが、 読後感としては「言葉遊びも..... [続きを読む]

受信: 2006/06/05 00:56

« 『水の迷宮』 石持浅海 | トップページ | 『完全犯罪に猫は何匹必要か?』 東川篤哉 »