« 名探偵コナン「銀翼の奇術師」 | トップページ | 『蛍』 麻耶雄嵩 »

2006/04/29

『密室に向かって撃て!』 東川篤哉

密室に向かって撃て! (光文社文庫 ひ 12-2) Book 密室に向かって撃て! (光文社文庫 ひ 12-2)

著者:東川 篤哉
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

烏賊川市のはずれ、鳥ノ岬で起こった連続銃殺事件。

衆人密室の中起こった殺人に、家賃滞納探偵が挑む。

烏賊川市シリーズ第二弾。

読むのに3日もかかってしまった。この薄さのミステリに3日…この経過日数に何かを感じ取っていただけたら。

第二作目にしてこのユーモアの数。東川氏はもう自分のスタイルを確立されたのですね。でも、そんなにいらないよ!というのが私の個人的な意見。

登場人物の台詞だけでなく、地の分でも繰り返されるジョーク。ちょっとうんざり。3日もかかってしまった原因はここにあります。だって、捜査が遅々として進まないんだもの。ユーモアはもちろんですが、本格として読ませてください、じっくりと。

本格部分は名探偵が皆を集めてなんとやら…を実践していてニヤリ。その謎解きにも納得でニヤリ。でもねぇ、そこに到達するまでが長かった。

キャラ小説としての烏賊川市シリーズにそこまでのめり込めない私としては、ちょっと辛いのです。キャラ萌えできたら、きっと至福の時なのでしょうね。きっと。

東川氏の作品を読むと、石崎幸二氏の作品が読みたいなぁと思います。石崎氏のミステリフロンティアの予告が出て早○年。一体いつ発行になるのでしょうか。お願いします、東京創元社さん…。

|

« 名探偵コナン「銀翼の奇術師」 | トップページ | 『蛍』 麻耶雄嵩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1611491

この記事へのトラックバック一覧です: 『密室に向かって撃て!』 東川篤哉:

« 名探偵コナン「銀翼の奇術師」 | トップページ | 『蛍』 麻耶雄嵩 »