« ショック! | トップページ | 『青空の卵』 坂木司 »

2006/03/08

『アヒルと鴨のコインロッカー』 伊坂幸太郎

アヒルと鴨のコインロッカー Book アヒルと鴨のコインロッカー

著者:伊坂 幸太郎
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「一緒に本屋を襲わないか」

隣に住む謎の男・河崎からこう誘われたのは、新しい街に引越してきたその日のことだった。

そして、椎名は3人の物語に途中参加することとなる。

うーむ、これはあんまり。

この作品はどちらかというと『オーデュボンの祈り』や『グラスホッパー』系でしょうか。私の好みの系統ではなかったか。タイトルから言って『陽気なギャングが~』系だと思っていたんだけれどなぁ。残念。

過去と現在の二つの物語がラストでひとつになるのですが、そこまでの物語が苦痛。

悪くはないけれど、登場人物が皆後向きなので、読んでいて頁が進まないのですね。一人でも痛快な人物がいれば…椎名の独白は比較的爽快ではありましたが。

ただ、椎名も時の流れに身をまかせ系だからなぁ。

ただ、「僕たちは神様を閉じ込めてみたんだ」この台詞はすごく好きです。この一言にあらゆる切なさがつまってますね。

『ラッシュライフ』のように練りに練りこまれた作品とも言えず、『チルドレン』のようにキャラクタがぶっ飛んでいるわけでもない。

人気作家は期待が大きいだけに、その反動として評価が厳しくなってしまいますね。

伊坂氏の作品で未読は『死神の精度』『魔王』『砂漠』の3作ですか。次は私好みの痛快な語り口の作品に出逢えますように。

|

« ショック! | トップページ | 『青空の卵』 坂木司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/964766

この記事へのトラックバック一覧です: 『アヒルと鴨のコインロッカー』 伊坂幸太郎:

» 映画【アヒルと鴨のコインロッカー】、仙台ロケ開始! [ぱんどら日記]
「仙台在住の作家・伊坂幸太郎の小説【アヒルと鴨のコインロッカー】を原作とする映画の撮影が、仙台で始まった」 という話を、仙台放送ニュースで知った。 伊坂幸太郎【アヒルと鴨のコインロッカー】 東京創元社 1575円 出演は、 瑛太。 ...... [続きを読む]

受信: 2006/05/04 11:55

« ショック! | トップページ | 『青空の卵』 坂木司 »