« 『クドリャフカの順番 「十文字」事件』 米澤穂信 | トップページ | 『チルドレン』 伊坂幸太郎 »

2006/03/05

『犬はどこだ』 米澤穂信

犬はどこだ Book 犬はどこだ

著者:米澤 穂信
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

犬探し専門(希望)の調査事務所に舞い込んできた最初の仕事は失踪人捜しと古文書の解読。

しかし、この二つの依頼は調査の途中で奇妙にリンクする!

紺屋S&Rシリーズ第一弾。

「このミス2006」で見事8位にランクインした本作。

ライトノベルで活躍していた米澤氏がいよいよ本格的にミステリ界に殴りこみです。

このブロ愚で米澤氏の作品をレビューするのは3作目です。私的な運営規定において、同作家の作品を3作レビューしたら作家カテゴリを新設すると決められているため、初のカテゴリ製作作家となりました。

おめでとうございます♪

さて、肝心のレビューでございますが、これまで読んだ米澤氏の作品(レビュー済の3作品+『氷菓』『春季限定いちごタルト事件』)の中で個人的に一番好きです。ライトノベルで取り扱っていた内容よりも、本格的にミステリミステリしている作品だからでしょうか。

あのラストの後味の悪さが最高!

ちなみに紺野さんのあの営業ボイス変貌ぶりに萌え☆

米澤氏の主人公は概ね、小市民省エネひきこもりといったネガティブ傾向が強く、社会性には乏しいと読者に思わせるように描かれております。実際には彼らには彼らにしかわからない理論や理屈で行動しているわけですが、今回の紺野さんもその例を踏襲。

ただ、これまでの主人公層(=高校生)から社会人ドロップアウトへと大人への階段をひとつ登った紺野さんの登場は、ほぼ同年代の私に非常になじみ深い主人公となりました。思考がトレースし易いと言いますか。

やはり高校生主人公だと、今日びの高校生ってこんなことまで考えるのか?と若干のとっつき難さを感じてしまっていたのですね。

肝心要のミステリ部分も、二つの依頼が読者の前にはこんなにも明らかに提示されているのに、登場人物がそのリンクに全く気付かない(おい!ハンペー、君だよ)という神の視点からのジレンマがありましたが、そのジレンマが解消されてからの紺野さんの推理の飛躍には目を見張るものがあったと思います。

多少ご都合主義的な展開(友人の登場やチャットの部分)があったかなぁと思いますが、それは許容範囲内ということで。

この紺野S&Rシリーズの次回作予定も既に発表になっており、ますます読書の楽しみが増えました。米澤氏の作品で未読なものは『さよなら妖精』のみとなりましたが、これは面白い作品が読みたくなった時のストックとして大切にとっておきましょうかね。

次回のレビューは『さよなら妖精』あるいは『夏季限定~』でお会いしましょう!

|

« 『クドリャフカの順番 「十文字」事件』 米澤穂信 | トップページ | 『チルドレン』 伊坂幸太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/922402

この記事へのトラックバック一覧です: 『犬はどこだ』 米澤穂信:

» 『犬はどこだ』(米澤穂信) [Karma]
犬はどこだ (創元推理文庫)東京創元社 2008-02売り上げランキング : 14338おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 「それと、やっぱり部長の仕事の... [続きを読む]

受信: 2010/02/28 14:53

« 『クドリャフカの順番 「十文字」事件』 米澤穂信 | トップページ | 『チルドレン』 伊坂幸太郎 »