« 柄刀一氏にお会いして来ました | トップページ | 『動物園の鳥』 坂木司 »

2006/03/19

『仔羊の巣』 坂木司

仔羊の巣 Book 仔羊の巣

著者:坂木 司
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

僕と鳥井の関係が徐々に変化してきている?

本当は喜ぶべきことなのに、素直に良しとすることができない。

そんな二人の関係を描く、ひきこもり探偵シリーズ第二弾。

今週は坂木司フェアを実施します!

ひきこもり探偵シリーズ第一弾『青空の卵』を読んだのがちょうど10日前のこと。やっぱり坂木と鳥井の関係が気になって、手を出してしまいました。

第二弾の『仔羊の巣』は前作を読まなくては二人の関係も周りの人間との関係もよくわからないという不親切設計となっております。まぁ、シリーズものだからね。

二作目で二人の関係には若干の変化が認められます。本当に少しの変化なのだけれど。塵も積もれば山となるの諺どおりに、良い方向へ二人は進んで行くのでしょうか。

一腐女子としては、変わって欲しくないと感じるのだけれど。

オンリーワンとしての坂木か、ナンバーワンとしての坂木か。某ヒット曲はオンリーワンであれば良いのさと歌っておりますが、果たして人間関係においてそれが許されるのか。皆がオンリーワンの人間だけと付き合って生活していたら、あっという間に社会は崩壊してしまいますよ。

まぁ、そこまで極端に考える人間の方が少数派なのであって、間違ってもそのようなことにはならないのだけれど。でも、そう考えてしまう環境そのものが危険なのでは?

うまく言葉にすることができませんね。もどかしい。

今回の『仔羊の巣』はミステリとしては標準。登場する人物は皆自己中で異常。坂木氏(作家の)は自己中で思い込みの激しい人物を描かせたらピカイチかもしれませんね。

登場する中学生や女子校生の話し方に腹が立っちゃって、もう。

ひきこもり探偵シリーズはこれから読む『動物園の鳥』で最終巻とのことですが、果たして二人にはどんな結末が待っているのか。楽しみです。

|

« 柄刀一氏にお会いして来ました | トップページ | 『動物園の鳥』 坂木司 »

コメント

読みました!!坂木と鳥井の関係にイラッとしながら、木村さんに癒しを感じるという微妙な読後感でした。とりあえず最終刊まではしっかり読もうと思いますが、文庫化されてないのでいつになるやら。幸せな結末を迎えなければ納得できないですねー。

投稿: ソラチ | 2007/03/20 07:40

☆ソラチさん☆
本当にこいつら、どこまで行くつもりなんだ…と苛々させられる関係。ちょっと浮上したと思ったら、次の短編ではまた底まで潜ってたりと、進歩無いふたりですね。
最終巻は最終巻らしい結末なのですが、それで納得できるかと云うと…むにゃむにゃむにゃ。読んでのお楽しみと云うことで!
そうそう、最近“オヤジ”を通り越した“イカシタジジイ”(←好感を込めて)を描いた作品に出逢うことが多くって、ちょっと頬を赤らめてしてしまうまじょ。なのでした…ヤヴァイネ!

投稿: まじょ→ソラチさん | 2007/03/21 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/1094320

この記事へのトラックバック一覧です: 『仔羊の巣』 坂木司:

» 坂木司/仔羊の巣 [*second message*]
仔羊の巣 坂木 司 内容(「MARC」データベースより) 引きこもりの探偵、鳥井真一とその友人、坂木司。この二人をとり巻く周辺に、またまた不可解な謎が発生する [続きを読む]

受信: 2006/04/24 21:39

» 坂木司『仔羊の巣』(創元推理文庫) [書評風-読んだら軒並みブックレビュー]
坂木司『仔羊の巣』を読んだ。 やっぱり主役ふたりが気持ち悪い。 そう思いながらも... [続きを読む]

受信: 2006/07/13 13:04

« 柄刀一氏にお会いして来ました | トップページ | 『動物園の鳥』 坂木司 »