« 『5分間ミステリー』 ケン・ウェバー | トップページ | 『密室の鍵貸します』 東川篤哉 »

2006/02/11

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 桜庭一樹

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない Book 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

著者:桜庭 一樹
販売元:富士見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

戦う手段としての実弾を持つことを願う少女と、自分を人魚だと主張する少女。

このふたりが出会ったとき生まれるものは?

あらすじの文句をお借りすると、この作品は“青春暗黒ミステリー”だそうです。

この作品を読むきっかけは、「このミス2006」。ランクインした『少女には向かない職業』に興味を持って、ハードカバーはちょっとねという理由から別の作品を読んでみよう、と思い立ちました。

「かつくら」で綾辻行人氏が印象に残った一冊に『砂糖菓子の~』を挙げていたのも要因のひとつかしら。

さて、問題の“青春暗黒ミステリー”といカテゴリについて。

すんごい文句のカテゴリ…。青春と暗黒って相反するべきものなのに。堂々と煽っちゃってますよ。ただ、乙一氏あたりにはぴったりくるカテゴリかもしれない。

ただね、私の理論から言えば、この作品はミステリではないんですよ。このミステリ理論は『容疑者Xの献身』にみられる本格か否か論争のように、個人の主観によるものなのですが、少なくとも私のなかではミステリにはカテゴライズされないんです。悪しからず。

ただ、この作品の“テーマ”は充分に重いし、考えるべき問題だと思います。

私個人としてはこの手の“テーマ”は苦手です。先述のミステリ理論と併せて言えば、この作品はミステリではなく非常に文学的な作品。ライトノベル形式で発表されていなければ、どこぞやの文学賞(文学賞に対して否定的観点)にノミネートされそうな。

実弾を望む少女と砂糖菓子の弾丸を撃ちまくる少女。

現代の少女たちは常に戦っていなくてはならないのでしょう。問題の大小は問題ではなく。

ページ数や薄さに関係なく、最期まで一気に読ませる作品だったことが高評価です。『少女には向かない職業』で、どこまでミステリを読ませているのかに非常に期待。

|

« 『5分間ミステリー』 ケン・ウェバー | トップページ | 『密室の鍵貸します』 東川篤哉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/673899

この記事へのトラックバック一覧です: 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 桜庭一樹:

» 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない [だから、パキシルをヤメタイんだってばぁ!]
桜庭一樹サンが書いているライトノベルです{/book/} ちょっと機会があって読んだのですが、印象に残っています{/kaeru_en3/} ライトノベルの区切り、って難しいのですが、 「マンガみたいなイラストも載っているティーン向け文庫」 でいいのでしょうか?? 文学、としては蔑視される傾向にあったライトノベルですが、 最近は乙一サンを筆頭に注目を集めてきていますよね!! で、「砂糖菓子〜」なんですが、副題に「飴玉か�... [続きを読む]

受信: 2006/02/17 10:58

« 『5分間ミステリー』 ケン・ウェバー | トップページ | 『密室の鍵貸します』 東川篤哉 »