« 『蛇にピアス』 金原ひとみ | トップページ | 『ニッポン硬貨の謎』 北村薫 »

2006/02/19

『工学部・水柿助教授の逡巡』 森博嗣

工学部・水柿助教授の逡巡 Book 工学部・水柿助教授の逡巡

著者:森 博嗣
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この作品は小説である。

水柿助教授がミステリ作家になった経緯が森博嗣という作家が生まれた経緯を酷似しているが、あくまでもこの作品は小説である。

若手研究家はこうして小説家になった。

森博嗣氏がお送りするファンのファンによるファンのための作品。

この作品を最後まで読むことができるのは、森博嗣氏のファンだけでしょう。

そうでなければ、飛ぶ跳ねる成層圏突破のこの作品に途中で嫌気が差してしまい、投げ出すことになるのは必死。

この作品に登場する水柿助教授と須摩子さんは、どこぞやの作家夫婦を容易に想像させます。水柿を縦に並べてくっつけると、あら別の名字に?

しかし、森博嗣氏のファンならきっと楽しむことが出来るし、飛ぶ跳ねる表現もななめに読むことでクリアできなくもない。

隠されているさりげないジョークが10あったとして、1つでも発見することができたのなら、それはきっと幸せなことなのである。多分。

というわけで、森博嗣氏の人となりや生活に興味が無い人がこの本を読破しようと思ったら、かなりの苦行を強いられることでしょう。だって、ファンだって苦しいもの。

天才の考えていることは理解不能。

文系読者の前には厚い防火シャッタが現れることでしょう。

でも、ファンなら森博嗣氏誕生の秘話を是非ご賞味ください。

|

« 『蛇にピアス』 金原ひとみ | トップページ | 『ニッポン硬貨の謎』 北村薫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/757359

この記事へのトラックバック一覧です: 『工学部・水柿助教授の逡巡』 森博嗣:

« 『蛇にピアス』 金原ひとみ | トップページ | 『ニッポン硬貨の謎』 北村薫 »