« ミステリ既読調査 | トップページ | 『怪盗ニック登場』 エドワード・D・ホック »

2006/02/05

『成吉思汗の秘密』 高木彬光

成吉思汗の秘密 新装版 Book 成吉思汗の秘密 新装版

著者:高木 彬光
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

名探偵・神津恭介が源義経=成吉思汗を証明するべく、一人二役の大トリックに挑む!

歴史推理小説の傑作。

この『成吉思汗の秘密』について書かれた記事を、ここのところ立て続けに読んだので、なにかの運命だと思って手にしてみました。

うん、おもしろかった。

なぜか「この伝説知ってる」「この文献読んだことがある」と不思議に思っていたら、大学生のときに史学ゼミのレジュメのネタにならないかと思って調べたことがあるという、自分の過去にぶち当たりました。

大学生だったころなんて、まだそんなに昔の話じゃないのに…。

それだけに、この『成吉思汗の秘密』に書かれている内容が嘘八百ではない、信憑性のあるものだと確信できて面白かったです。

私自身としては、源義経≠成吉思汗だと考えていますが、この作品で描かれている通り決め手はないのです。考察する人によって結末はそれぞれ。この説のここまではとれるけど、ここからはちょっと…なんてね。

夢のある話ですね。

歴史推理ものは最近では『QED』シリーズがありますが、1959年という何十年も前から、こんなにも素晴らしい作品が書かれていたことを嬉しく思います。

「歴史なんて勉強する意味ない。」という言葉をよく聞きますが、私はこの言葉を聞くたびに悲しくなってしまうんです。私はただの歴史好きにしか過ぎませんが。

確かに意味はないかもしれません。でも、この作品のが取り上げているテーマのように、歴史にはまだ判明していない、判明するかどうかもわからない数々の謎が残っています。

これらの謎を解くことができるのは、私かもしれないし、貴方かもしれない。

意味のないことだとは言わずに、楽しんでみてはいかがでしょうか?

謎が解けたときには、きっとそこに隠された意味が浮かび上がってくるでしょう。きっとね。

|

« ミステリ既読調査 | トップページ | 『怪盗ニック登場』 エドワード・D・ホック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/622263

この記事へのトラックバック一覧です: 『成吉思汗の秘密』 高木彬光:

» 成吉思汗の秘密/高木 彬光 [個人的読書記録]
[続きを読む]

受信: 2006/02/18 23:22

« ミステリ既読調査 | トップページ | 『怪盗ニック登場』 エドワード・D・ホック »