« 『密室の鍵貸します』 東川篤哉 | トップページ | 帰省中ビデオ三昧 »

2006/02/11

『陽気なギャングが地球を回す』 伊坂幸太郎

陽気なギャングが地球を回す Book 陽気なギャングが地球を回す

著者:伊坂 幸太郎
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

陽気な銀行強盗4人組が銀行からの逃走中に「売上」を盗まれた!

それをきっかけに彼らが巻き込まれる(飛び込む?)事件とは?

映画化もされる伊坂ワールド3作目!

面白かった!非常に映画向けですね。テンポがすごく良くて。伊坂氏もあとがきで述べているように、1時間半の映画を観せられた感じ。実際に読むのは1時間半以上かかったけれど。

4人のキャラクタがまた良いんですよ。その4人を取り巻く家族も。1人ろくでもない親がいるけど。

映画のキャスティングもまた良くて、是非鑑賞したい一作です。

伊坂氏の作品を読むのはは『オーデュボンの祈り』『ラッシュライフ』『重力ピエロ』『グラスホッパー』に続く5作目。この中ではこの作品が一番好きかも。次点は『重力ピエロ』。

軽い語り口と気の利いたジョークが光る作品が好きです。逆に『グラスホッパー』のような作品はちょっと苦手かも。

しかし、あの若さで直木賞常連ですからね。今回の直木賞は東野圭吾氏に花を持たせましたが、次の直木賞ノミネートで受賞しなければ東野圭吾氏に続く「直木賞はなにをしているんだ」クレームが沸き起こるのは必死。ってもう起きてますか。

今回2作受賞でも良かったのではないでしょうかね。

陽気な4人組が地球を回す作品をまだまだ読んでみたいけれど、こういった作品は続きが発表されないほうが良いのでしょうね。読者が各々彼らの活躍を胸に描いているでしょうから。 続編が発表されるそうですね。いや、楽しみなんですが…。

とにかく5月にロードショーされる映画を観て、生の彼らを楽しみたいと思います。

そうそう、やはり伊坂氏は伏線の張り方がうまいなぁと感じました。すべて回収されてましたね。

|

« 『密室の鍵貸します』 東川篤哉 | トップページ | 帰省中ビデオ三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/678569

この記事へのトラックバック一覧です: 『陽気なギャングが地球を回す』 伊坂幸太郎:

» 『陽気なギャングが地球を回す』読み終わり~ [~~冬眠中~~]
伊坂幸太郎:『陽気なギャングが地球を回す』読み終わりました☆ 結構面白かったと思 [続きを読む]

受信: 2006/02/15 09:12

» 陽気なギャングが地球を回す ["YOU"thful Days]
 “陽気なギャングが地球を回す”        映画化されるみたいですね。 オフ [続きを読む]

受信: 2006/02/28 22:59

» 伊坂幸太郎【陽気なギャングが地球を回す】 [ぱんどら日記]
伊坂幸太郎の小説は、「超能力を持っている人」や、超能力とは言わないまでも「特殊な能力にたけた人」が出てくることが多いですね。私の不得手な分野ですが……。 この小説にも、「嘘を見抜く名人」とか「正確な体内時計の持ち主」といった、ちょっと変わった銀行....... [続きを読む]

受信: 2006/05/04 12:18

« 『密室の鍵貸します』 東川篤哉 | トップページ | 帰省中ビデオ三昧 »