« 『名探偵はもういない』 霧舎巧 | トップページ | 『邪馬台国はどこですか?』 鯨統一郎 »

2006/02/17

『MISSING』 本多孝好

Book MISSING

著者:本多 孝好
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「このミス2000」で10位ランクインし、いきなり脚光を浴びた本多孝好の珠玉の短編集。

私が愛して愛して愛して止まない一冊。

私と『MISSING』の出会いは大学受験を終え、禁読書の反動からか活字中毒に陥っていたとき。図書館から借りてきた『人狼城の恐怖』や『死鬼』の中に『MISSING』はひっそりと混ざっておりました。

読後の感想は「なんなんだ、これは」。

『MISSING』のような本には、それまで出会ったことがありませんでした。

どう表現したら良いのかわからない感情がどわーっと溢れ出してきて、この本に出逢えたことを心の底から感謝しました。

本当にすごい。

私の陳腐な言葉では、この本の良さを的確に表現することはできません。

ただ、読んでください、と。

本多孝好氏は“ミステリ界の村上春樹”と評価されることがあるようですが、村上春樹氏は『ノルウェイの森』しか読んだことの無い私でも、そう評価されることがどんなに高評価であるかはわかります。

その世界観とスマートな表現で他を圧倒する存在。

本多孝好氏はそういった作家です。

執筆スピードはあまり速い方ではなく、締め切りに追われて作品を書くような仕事はされない方なので、新刊が出る度に「いよっ!待ってました!!」と拍手喝采。そして、作品を読んでまた拍手喝采。

『MISSING』のような雷に打たれたような感覚に出逢えることは少なくなりましたが、いつも独特の世界観と趣のある表現で私をうっとりさせてくれます。

私が愛して止まない作家の一人です。

因みに『MISSING』に収録されている「瑠璃」が本多氏の全作品の中でいっとぅ好きです。

右のサイドバーにある“UNION”の中の「honda fan union」は本多孝好氏のファン同盟です。本多氏が好きな方は是非訪れてみてください。

|

« 『名探偵はもういない』 霧舎巧 | トップページ | 『邪馬台国はどこですか?』 鯨統一郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/739484

この記事へのトラックバック一覧です: 『MISSING』 本多孝好:

« 『名探偵はもういない』 霧舎巧 | トップページ | 『邪馬台国はどこですか?』 鯨統一郎 »