« 『レタス・フライ』 森博嗣 | トップページ | 『博士の愛した数式』 小川洋子 »

2006/01/31

『τになるまで待って』 森博嗣

τになるまで待って Book τになるまで待って

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

赤柳探偵の助手として超能力者の別荘・加羅離館にやってきた山吹、海月、加部谷の3人。

そこで巻き起こる密室殺人事件とは?

Gシリーズ第三弾。

そういえば、前回読んだときは『θ』に登場したあの方が登場するのではないかとそわそわして、じっくり読んでいなかったな、と再読。

感想は…あれ?こんなに事件性に乏しい作品だったっけ?

Gシリーズ第一弾『φ』のときに、キャラクタ紹介が主で物語として物足りないなと感じた感覚がまたここに再現。

3人の会話が主で、事件についても最後に出てきた犀川先生があっさり解いてしまうものだから、Gシリーズの探偵役である海月くんも形無しですよ。海月くん、いらないじゃん!

しかも、実行犯確定しないの?

(ここから森作品の他シリーズに触れます。未読の方はご注意ください)

あくまでもこの『τ』は真賀田四季へ繋がる複線でしかないのでしょうか?捨て駒?

確かに四季は超人的でミステリアスだけれども、もうそろそろ四季から離れても良いのではないか…なんてちょっと感じてしまったり。

そんな意味も込めての『四季』だと思っていたので、『θ』で四季の名前が出てきたのにはびっくりしたんですよ。いや、保呂草さん登場はありがたいのですが。

あと、萌絵ちゃんとか犀川先生の出番もね。事件の解決はあくまでも新シリーズの3人(もしくは海月くん)に任せるようにしないと、なんのための新シリーズですか?と。

未だに新シリーズ3人のキャラクタがつかめません。一番興味があるのが、赤柳探偵だなんて、ちょっと寂しい。

Gシリーズ3人にもっと活躍して欲しいという願いも込めて、ちょっと辛口レビューでございました。

|

« 『レタス・フライ』 森博嗣 | トップページ | 『博士の愛した数式』 小川洋子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/572062

この記事へのトラックバック一覧です: 『τになるまで待って』 森博嗣:

« 『レタス・フライ』 森博嗣 | トップページ | 『博士の愛した数式』 小川洋子 »