2019/05/17

『暗闇・キッス・それだけで』 森博嗣

『ゾラ・一撃・さようなら』に続くシリーズ第2弾。キャラクタは継続ですが、事件は続きません。ゾラの物語はあれで終了。

アメリカのIT長者の別荘で殺人事件が起こりますが、謎解きは二の次。解決はしていますが、ミステリとして読んだ場合は物足りなさを感じると思います。犯人がなぜ事件を起こしたのか(頸城の推理は正しいのか)、事件が起きたときの詳細なタイムテーブルは…などと考えてはいけません。あくまでも森博嗣流のハードボイルドを楽しむ作品。

森作品を読むといつもそうですが、こんな洒落た会話を楽しむことは私には一生無理だと思い知らされます。本シリーズはそれが顕著。でも、好き。

| | コメント (0)

2019/05/16

『掟上今日子の婚姻届』 西尾維新

忘却探偵シリーズ第6弾。デレた今日子さんが最高にかわいい一冊。

今日子さんほどのプロでもモチベーションに左右されるんですね。調査結果からどんな結論を導き出すか。調査結果にどう踏み込むか。事件が小粒だったのでミステリを読んだ感は薄いですが、そこは今日子さんの可かわいらしさでカバーと言うことで。厄介さん役得でしたね。うらやましい。

今回明らかになった今日子さんの正体を探る鍵は、
・警察(警視庁だったか警察庁だったか失念)の偉い人に高校の同級生がいる
これって某Aくんのことですかねえ。

 

| | コメント (0)

2019/05/15

『掟上今日子の退職願』 西尾維新

忘却探偵シリーズ第5弾。バラバラ死体、飛び降り、絞殺、水死体と多種多様な短編集。今回は厄介さんは登場しません。今日子さんの相棒を務めるのは4人の女性警察官。今日子さんの魅力にメロメロ()な男性陣とは異なるアプローチで今日子さんの内面に迫ります…って簡単に迫らせる今日子さんではありませんが。タイトルの退職願を持った方も登場しますが、事件にはあまり関係ないです。

個人的ベストは「掟上今日子のバラバラ死体」。犯人が死体をバラバラにする理由はいくつか考えられますが、まさかの。ミステリにおいて犯人が○○なのはあまり好きではないのですが、これは納得せざるを得ない。

シリーズを追うごとに今日子さんのかわいさが増している気がしますね。

| | コメント (0)

2019/05/14

『遭難者』 折原一

折原一の代名詞とも言える倒叙モノではないが、さらっと読めて楽しめました。2冊組だったものを1冊にまとめた文庫版ですが、絶対に2冊組の方がワクワクできる。なぜなら1冊は作中で発行された追悼集の形を取っているからです。こういう趣向は大好きです。

あの人はどんなつもりで追悼集に文を寄せていたのでしょうね。動機を隠すためだとしても蛇足というか、ミステリにおける犯人らしくていいですね。きっと追悼集など出なければ、痛ましい事故としてそっとしておけば、事件にならずに済んだものを。まあ、殺人を犯した者は法の裁きを受けるべきです。

この「○○者」シリーズは作品ごとに傾向ががらっと変わるので、折原一は倒叙モノばかりじゃないんだぞ!という意志を感じます。でも、折原一の倒叙モノ大好きなんだ。

| | コメント (0)

2019/04/23

『ミステリークロック』 貴志祐介

防犯探偵シリーズ最新作。

表題作「ミステリークロック」のトリックは理解するのが大変。なにが起こったのか(どんなトリックが用いられたのか)は理解できても、犯人の動き、行動を詳細に理解するのが難しい。あとは「どうしてそんな面倒くさいことを…」という気持ちが拭えない(笑) 映像で見たい作品。

個人的ベストは「ゆるやかな自殺」でしょうか。ロジックが綺麗。あと、榎本も人並みにヤクザにビビったりするんだなあ、と。

榎本と青砥のやりとりにまったく色っぽいところがなくていいですね。青砥のトン…推理に付き合ってあげる榎本優しい。密室の定義がどんどんと広義なものになってきているのが気になりますが、やはり密室だけで作品を書いていくのは大変なのでしょう。それでも、ミステリスキー、密室スキーとしてはまだまだ続けて欲しいシリーズです。

| | コメント (0)

«『インド倶楽部の謎』 有栖川有栖