2017/04/23

『いまさら翼といわれても』 米澤穂信

古典部シリーズ最新短編集。

奉太郎の過去を扱った二編「鏡には映らない」と「長い休日」がとてもとても良かった。奉太郎をヒーローだという彼女の「会って話したら、嫌いになるでしょ?」が最高。

「箱の中の欠落」は動機が語られないところが良いですね。冒頭の伏線もとても自然で良いです。そしてラーメンが美味しそう。

「わたしたちの伝説の一冊」と「いまさら翼といわれても」は青春すぎて眩しい。表題作は翼の前の言葉が「いまさら」なのが辛く苦しいですね。いままで捨ててきたもの諦めてきたものが詰まっています。悩める彼女たちに幸あらんことを願うのでなるべく早く続編を。

それにしても奉太郎のお姉ちゃんは一体何者なんでしょうかね。私、いつも気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/17

『陽気なギャングは三つ数えろ』 伊坂幸太郎

9年ぶりシリーズ新刊に歓喜。

軽快で痛快な4人のやりとりが大好きです。脳内キャスティングは映画の4人なのですが本当にぴったりだと思います。何年かぶりに見たい。

今回は久遠の活躍が多めでしょうか。巻き込まれの原因作ったのも久遠ですが。成瀬は課長らしく地味にいい仕事します。雪子はまとう空気が美人。成瀬とそれっぽい関係だったはずですが、今回はまったくそういう描写がありませんでしたね。あとがきのしれっと変更した部分のひとつでしょうか。語り(視点)で一番楽しませてくれるのは響野だと思っているのですが、演説は4分も聞けば十分です。

個人的に好きなシーンは振り込み詐欺と藁の中から藁でしょうか。アルファベット3文字も好き。

ラストの展開に少し物足りなさを感じましたが、それでもやっぱりおもしろい。よたび彼らが事件に巻き込まれることを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/15

『刑事の絆 警視庁追跡捜査係』 堂場瞬一

警視庁追跡捜査係シリーズにして『凍る炎 アナザーフェイス5』直後から物語が始まるコラボ作です。

大友はなぜ撃たれたのか、撃ったのは誰なのか。沖田と西川が犯人に迫る過程で大友が扱った過去の事件や私生活を暴いていくわけですが、それがなかなかおもしろい。なんだかアナザーフェイスシリーズを読むより大友のことがわかる1冊なような気がします。

犯人(真相)については予想通りでしたね。あの電話の件はあからさまでしたものね。

個人的には読んだばかりの『交錯』の内容がかなり物語に絡んできたのが驚きでした。『交錯』が2010年、本作が2013年出版ですが、いつかこの設定を使おうと温めておいたのでしょうか。『交錯』→『凍る炎』→『刑事の絆』の順で読んだ人で『凍る炎』の段階で彼らの正体に思い至った人はいるのかな。とにかくキャラの把握のためでしたが『交錯』を読んでおいて良かったです。

沖田と西川はすっかり仲良くなってましたね。いつか『交錯』と『刑事の絆』の間の物語も読みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/07

『交錯 警視庁追跡捜査係』 堂場瞬一

追跡捜査係シリーズ第1弾。『凍る炎 アナザーフェイス5』 の続きはこちらの『刑事の絆』になると知り、シリーズキャラクタを知る目的で読んでみました。

行き詰った捜査を別の視点で見直すために存在する追跡捜査係。その係に所属する犬猿の仲、沖田と西川が本作のW主人公です。無差別殺傷事件と貴金属店強盗事件が次第に交錯し、沖田と西川の関係も交錯する。静と動、冷静と情熱の間()、なかなかよいコンビネーションです。

(ネタバレします)個人的には無差別殺傷事件の犯人を刺して逃亡した男が西川と懇意にしていた青年だったというのは都合が良すぎるような気がしましたが、それもまた物語でしょうか。いや、絶対に彼だと思ってましたけどね。そうじゃないと作中で彼の失踪に触れる意味がない。

続いては『刑事の絆』を読む予定ですが、シリーズも5弾まで進みふたりの距離はどこまで近づいているのか。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/03

『さよなら神様』 麻耶雄嵩

『神様ゲーム』の続編。

神様の「犯人は○○だよ」から始まり、ご神託が正しいかどうか=鈴木が本当に神様かどうかを検証していく短編集です。結局あやふやなまま(犯人として検挙されないまま)終わるケースが多く、鈴木の正体も分からずじまい。神様…いや、作者の掌の上です。

個人的ベストは「ダムからの遠い道」でしょうか。(ややネタバレしてます)淳が○○の車に乗ってすべてを悟るシーンが巧いです。「バレンタイン昔語り」も嫌いじゃない。もう良いよってくらい伏線繰り返してましたしね。

それにしても○○トリックはラストのどんでん返しに使うのかと思っていましたが、中盤でさらっと明かしてきましたね。思い返してみれば麻耶作品は最後に驚かせて…って感じじゃないですね。中盤で一度ひっくり返して、そこから胸糞展開に突き進んでいくタイプ(褒めてます)

神様は一体なにをしたかったんでしょうかね。まさに神のみぞ知るですが、戯れに恋でもしたかったんでしょうか。さよならされちゃいましたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『名探偵の証明 蜜柑花子の栄光』 市川哲也