2017/03/23

『QED~flumen~月夜見』 高田崇史

QEDシリーズ最新刊。一応シリーズは完結していますが、こうしてまたタタル一行の旅にお供できるのは嬉しいです。

今回のテーマは月読命、そして事件は手鞠唄になぞらえた連続殺人事件というミステリ好きが泣いて喜びそうな展開ですが、いつもの通りタタル一行とは関係ないところでどんどん事件は起こり、関係ないところで勝手に終わっていきます。いいんです、最近のQEDに求めているものはそういうことではないので(多少強がってます)

タタルさんの蘊蓄はいつもより読みやすかったですね。相変わらず奈々ちゃんの何気ない一言で天啓を受けてましたが、今回はちょっと台詞くさくて何気なくなかったような(笑)

そしてQED最大の読みどころ、タタルさんと奈々ちゃんの関係ですが、今回ホテル側のナイスな計らいにより同室になりかけましたが…なんということでしょう。奈々ちゃんだけ別行動になったときにこうなりそうな予感はしたけれど。なんなら新幹線の時点でホテルには行けないだろうと思っていたけれど。それでもやっぱり残念です。はやくプロポーズが見たい。見たい。

またタタル一行と旅をして、プロポーズが拝める日が来ることを切に願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/21

『凍る炎 アナザーフェイス5』 堂場瞬一

アナザーフェイスシリーズ第5弾。

ICカードで出入りが管理された研究施設で密室殺人が発生!?という本格ファンが泣いて喜びそうなスタートを切った本作ですが、その後密室がクローズアップされることはありませんでしたよ。

前作『消失者』同様、事件がどんどんとスケールアップしていくのですが個人的にはひとつの事件にどっぷり腰を据えて取り組んでもらいたいです。事件に振り回されるだけ振り回されて、大友が活躍しているようでしていないモヤモヤした展開…

を、吹き飛ばすかのようなラスト

一体大友になにが起こったというのか。劉の電話を止めたことが100%関係していると思いますが、例えば劉が大友の殺害をキャンセルしなかったとして劉が拘束されている今、律義に依頼をこなそうとしますかね。ゴルゴ13かな?

とりあえず次回作が気になる。せっかく大友が本格復帰を決めたのに、なかったことになりそう。とにかく次巻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/18

『鍵のない夢を見る』 辻村深月

直木賞受賞作。

作風(必ずしもミステリではないという意味)が大きく変わってご無沙汰になっていた辻村作品ですが、読むとやはりおもしろい。この短編集は共感力が強かった。「わかる」「いるいる」連発の「痛い」「勘違い」をした人々を描いた短編集。

個人的ベストは「君本家の誘拐」。出産後の母親がなにを考え、どう感じているかを知りたければこれを読めと声を大にして言いたいくらい共感しました。あの母親は私か。子どもが愛おしいという感情と、ひとりの時間が欲しい、ゆっくり眠りたい、泣かないで静かにしていて欲しいという願望と、望み叶った時の罪悪感や恐怖と極度の疲労と。たった数分の間に相反する感情がメーターMAXまで上り詰めるあの複雑な精神状態がとても正しく描かれています。他の作品はともかく、私はあの母親を笑えないですね。

あとは「石蕗南地区の放火」も良かった。主人公の女性が最後まで、作品が終わった後も勘違いし続けて生きるだろうことがよく伝わってきます。

今年は自宅で積読している辻村作品もしっかり読みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/14

『消失者 アナザーフェイス4』 堂場瞬一

アナザーフェイスシリーズ第4弾。

ひったくりから殺人、そして二課の登場と物語がどんどんとスケールアップした本作。とりあえず一課と二課は仲良くやろう。

お馴染みメンバーの安定したやりとりの中に不安因子がふたつできましたね。指導官の変更と息子の親離れ。後継者である後山参事官は個人的にとても好きなタイプ。茶道を捨て警察官になったいきさつや、問題があるという家庭のこと、これからの絡みが気になります。息子の親離れは当たり前のこととはいえ、大友を縛るストッパーがひとつ外れることを意味するので物語に大きく影響しそうですよね。今回もほとんど家に帰らず、息子の世話もせず、事件に没頭していましたし。

ただ、今回お馴染みのメンバーに関するシーンのなかで一番スカッとしたのは新聞記者が水をぶっかけられるシーンです(笑) ああでなくては新聞記者などやってられないのかもしれませんが、本当に性格悪いですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/09

『憂いなき街』 佐々木譲

道警シリーズ第7弾。シティジャズ開催中の札幌を舞台にした津久井の恋愛物語です。

(ネタバレします)
個人的には津久井は長正寺にすべて打ち明けて捜査から外れるべきor奈津美に直接ぶつかるべきだったんじゃないかと思います。相棒の滝本が空気を読んでくれましたし、結果的に(奈津美を外した)津久井の読みは当たっていたわけですが、やはりフェアじゃない部分はあったんじゃないかと。アリバイを隠そうとする奈津美を説得する役を佐伯に(秘密裏に)依頼するまではわかるんですが、自分の代わりに女たちのホテルを回させるのは少し違うような気がします。津久井も良くないことはわかっていたし、冷静な判断ができなかったのかもしれませんが。

事件については女同士のいざこざというオチは微妙ですが、ぐいぐい引き込まれたのは確か。冒頭の強盗事件で容疑者が捕まっていないこととかすっかり忘れていましたし。

佐伯と百合の関係も一歩進んだことですし、次回作ではいつも合コンに最後まで参加できない新宮になにか良いことが起こるように祈っておくことにします。

それにしても津久井のピアノ聴きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『リボルバー・リリー』 長浦京