2017/09/22

『教場2』 長岡弘樹

前作と同様の趣向。だた、読了後に後味が悪いとは思わなかったのは最後の話が爽やか(良い話)なのと全体的にマイルドになっているからですね。巧いこと隠して生きてきたはずの負の部分をああも見透かされるというのはさぞ背筋が冷たくなることでしょうが。

個人的ベストは「敬慕」かな。女の嫌な部分がよく書かれていました。好き。あとは桐沢の話し方とか在り方がなんとなく好きです。

ミステリ好きとしては講義の形で書かれる捜査テクニックが気になって仕方がない。厳しい訓練は嫌ですが、座学だけなら1日体験入校したい。即効で風間教官に追い出されそうですが。

現役時代も凄腕だったという風間教官。彼はどんな事件に関わり、どう捜査をし、どう犯人と対峙したのか。ぜひ風間刑事の物語が読みたい。そして今はなぜ警察学校にいるのか。いつか読めるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/12

『つれづれ、北野坂探偵舎 心理描写が足りてない』 河野裕

アニメ「サクラダリセット」視てます。1クール目はかなり厳しかったですが、2クール目15話くらいからの怒涛の展開は素晴らしいです。伏線しかない。脱落しなくて本当に良かった。

そんな「サクラダリセット」のCMで興味が湧いたので読んでみた本作。幽霊が視える編集者(左)と幽霊を追い求める作家のコンビものです。シリーズ第1弾は連作短編集と言えなくもない作りの長編で、各章でしっかり伏線張られています。伏線大好き。伏線が綺麗に回収される快感が欲しくてミステリを読んでいると言っても過言ではない。

そんな伏線だらけの中に編集者と作家の独特なやりとりが挟まってくるわけですが、これがなかなか洒落ていておもしろい。好き嫌いは分かれると思います。個人的には大好物です。パスティーシュもウエイトレスにしておくには惜しい人物なので、そのうち何者なのか明かされると思います楽しみ。

編集者の目的はつまるところ作家に物語を書かせることだと思いますが、作家の目的は未だ掴めませんね。なぜ「紫色の指先」を追いかけているのか。何巻くらいで明らかになるのでしょう。気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/10

『バチカン奇跡調査官 闇の黄金』 藤木稟

奇跡調査官シリーズ第3弾。

第1弾は平賀、第2弾はロベルトの物語でしたが第3弾はまさしく平賀&ロベルトの物語でした。平賀は科学的な分野から、ロベルトは暗号(古文書)の分野から奇跡にアプローチし謎を解く。どちらかに極端に偏ることなくまさにバディという感じでした。

凍死の謎だけはどうかと思いましたが。

表紙のジュリア司祭に関しては言葉で分かりあうことは100%無理でしょうね。育ち方、生き方、考え方そのすべてが違う。言葉も通じているかのようで通じていないのでしょう。そんな彼とどんな決着をつけるのか今から楽しみです。それにしても組織が大きすぎる。

ミステリ好きなので事件が起こり、それを追いかける展開はもちろん嬉しいのですが、がっつり奇跡調査という作品も読みたい。短編の方が望んでいる形に近いのでしょうか。短編を読むのも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/07

『長い長い殺人』 宮部みゆき

登場人物の財布を語り部に保険金殺人事件を追う異色のミステリ。

語り部が財布であるがゆえに視ることができないもどかしさだったり、財布に小物や大切なものを入れる人が多いことを活かした描写があったりと物語の肝以外の部分も楽しめた。財布は購入者(選んでくれた人)を大切にする傾向があるようです(笑)

最終的にどんな物証で彼らの罪が暴かれるのかと期待して読んだが(ここからネタバレします)結局は罠に嵌った共犯者の供述からとは。犯罪に関わる人数は少なければ少ない方が良い派なので、殺人を専門に請け負う(立場の違う)共犯者がいたのは少し残念。でも、叔母さんを嘘で呼び出した人物がいることを考えると共犯者の存在は中盤から明らかだったんですよね。

皆がつらい作品だが、叔母を亡くした少年がやはり一番気にかかった。大人が信じられなくなりそうで。エピローグが彼をケアするために書かれていてとても良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/03

『そして、何も残らない』 森晶麿

廃校になった中学校で3年前の仲間の死の真相を追う青春ミステリ。森晶麿は初読。

『そして誰もいなくなった』のオマージュであることを考えると連続殺人の真相と意図が読めてくる。ミステリの趣向として悪くないのだが、登場人物たちの話し方や地の文が厨二臭くて少し引いてしまった。

全体的に少しずつ惜しいという感じ。(ここからネタバレします)全員のアリバイ的に連続殺人の成立必須条件が内山の介入なんだけれど、登場人物ほど読者は内山があの場にいると信じていなかったはず。だって内山が呼び出されるがまま現われて、彼らを殺害して回る必要性がない。とすると次に考えるのが彼らの中の何人かが結託している可能性なのだけれど、状況によって行動チームがコロコロと変わっているので結局アリバイなしの人物がいなくなり全員が結託していることがバレバレになってしまう。内山の介入をもっと信じ込ませるか、完全にアリバイなしの人物をひとり作っておくべきだったと思う。というか、最初の毒殺の時点で妹がもっと疑われていないとおかしい。趣向がとても良かったのでもっと作り込んで欲しかったです。

ちなみに、罪を犯した人物は作中で裁かれるべきが個人的なポリシーなのでラストも残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『戦場のコックたち』 深緑野分