2017/07/27

『ヒポクラテスの誓い』 中山七里

大好き法医学教室モノの連作短編集。北川景子でドラマ化したようですね。光崎教授に柴田恭平はイメージよりかなり渋い。

真琴の成長物語として読むも良し、連作短編らしく通しのどんでん返しを楽しむも良し。(ここからネタバレします)個人的には津久場先生への思い入れが少なかったので登場人物ほど驚けなかった印象。まさかあの人が…とさせたいならもう少し津久場先生の出番があっても良かったのも。もっと善人感強めで良かった。でも変に教室外の人を絡ませるとまとまりが悪くなりそうですね。ちなみにドラマでは古谷一行が演じている模様。うーん、ちょっと悪そう(笑)

個人的ベストは「母と娘」でしょうか。代理~はまたか…という感じですが作中に流れる薄暗い空気が好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24

『ひとり吹奏楽部 ハルチカ番外篇』 初野晴

カイユ、芹澤、マレン、成島の4人にフォーカスしたハルチカシリーズ番外編。『惑星カロン』のレビューで次回作はキャラクタ掘り下げの短編集だと読みました。物語的にはまたもや足踏みですが~などと書きましたが、3年生引退から新入生入学までおよそ半年間ぶんの物語を一気に、深めに読ませてもらいました。とても面白かった。

個人的ベストは芹澤×片桐の「風変わりな再会の集い」が好きです。ふたりのやりとりがいい。決して友人になれるとは思わないけれど、少し遠いところから聞き耳を立てるなら芹澤さんは最高におもしろいです。ちょっとした謎(再会の集い)の出来も一番良かったですよね。

成島×???の表題作「ひとり吹奏楽部」も良い。リアリストは芹澤かと思ってました、すみません。それぞれの物語が少しずつ繋がっているニヤリ感が良いのですが、意外と近くにいる???と成島がいつか出会えますように。

3年の夏が終わればハルチカも終わってしまうことはわかるのですが、やはり彼らがどこにどうやって着地するのかを早く知りたいです。そして草壁先生の過去も。そう言えばハルチカは最初三角関係のお話でしたっけね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/18

『白い家の殺人』 歌野晶午

信濃譲二シリーズ第2弾。先日読んだばかりの霧舎巧『新本格もどき』でもどかれていたので再読してみました。

雪の山荘、シャンデリアから逆さ吊りされた死体、不可能な毒殺と新本格ミステリらしいガジェットてんこもりです。初出は1989年講談社ノベルス。これだけでどんな作品かわかっていただけると思いますが(ここからネタバレします)事件を難解にしている要素すべてが偶然に起因するので個人的には萎えます。

犯罪にアクシデントは付きものです。入念に準備、計画された犯行がたったひとつのアクシデントから狂いだし、最後には解決への糸口に繋がるのはミステリのセオリーですが、ここまで連続する偶然は作者の意図が丸見えかと。ただ、密室講義でよくある「偶然(アクシデントで)密室になってしまったもの」の代表的な形が読みたければこの作品を推すのがよいかと思います。

あとは前妻の関与を否定するのが彼女たちの申告のみというのも探偵としてぬるいように感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/11

『祈りの幕が下りる時』 東野圭吾

映画化が発表されたばかりの加賀恭一郎シリーズ。ついに加賀の母親の失踪について明かされました。もっと劇的な何かが加賀家に起こったのだと思っていましたが、その別れは静かに起こったようです。

そしてその静かで淡々とした感じは事件の捜査でも。驚きの真実が一気に明かされる…!という展開はなく、いや、確かに事件関係者の人生は驚きに値するのですが、じわじわゆっくりと明らかになる真実に驚くよりも読まされる一冊になっています。

個人的にはかつてのような本格ミステリっぽい加賀恭一郎シリーズ(ないしは東野作品)が好きなのですが、加賀の人生に一区切りついた今、シリーズが終わってしまうのか別の形に変化するのか気になります。日本橋を離れ捜査一課に復帰することになったので、以前のような活躍を読める下地は揃ったと期待しても良いのでしょうか。

それにしても、読んでいる間ずっと加賀が阿部寛でした。阿部寛が凄いのか、東野圭吾が凄いのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/08

『新本格もどき』 霧舎巧

綾辻行人、法月綸太郎、安孫子武丸に有栖川有栖など新本格の有名作品を“もどいた”連作短編集。やはり本歌を知った上でにやにやしながら読むのが楽しい。

個人的ベストは館モノとしても十分、登場人物たちにデジャブを感じる「三、四、五角館の殺人」でしょうか。○○トリックの「ニ、三の悲劇」も好き。吉田さんがいきなりナベつかみで話しだす「人形は密室で推理する」も本歌を知っているか知らないかでにやにや度は相当変わってきますね。「13人目の看護師」のぶっ飛んだ感じも。

そして、ラストで明かされる吉田さんの正体はあのシリーズをもどいたものでした。さんざん名探偵を気取って(名乗って)おきながら、最終的に謎を解くのは別の人。あれ?霧舎作品に似たような名探偵がいたような…(って、2人いるのが問題だ)。ああ、開かずの間シリーズの新作が読みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『ある閉ざされた雪の山荘で』 東野圭吾